TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 快速[木曽漆器まつり号]+[ナイスホリデー木曽路]+[北アルプスいろどり号]乗車記【前編】

<<   作成日時 : 2012/06/15 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像

               PHOTO:奈良井駅に停車中の快速[木曽漆器まつり号]

 今年の春はJR東日本長野支社管内においても例年にないほど臨時列車が設定され、忙しくも楽しい週末を過ごしているところですが、時刻表を見ていたところ6月7日の土曜日は珍しい3本の臨時快速列車に乗車することができることがわかりましたので、早速必要なキップを手配してチャレンジをしてみることにしました。

画像

@長野(655)→松本(802) 2532M 快速  E257系9連【M103編成】
(←松本B クハE257-103+モハE257-3+モハE256-3+モハE257-1003+サハE257-3+サロハE257-3+モハE257-103+モハE256-103+クハE256-3 J長野→)
 1本目の快速列車はご存知2532Mです。この列車には松本車両センターのE257系が使用されます。
 E257系は(私の個人的な感想としては…)特急列車としての貫禄が感じられませんし、シートも小ぶりな作りとなっていますので、あまり好みではありませんが特別料金不要で乗車できるなら文句は言えません。
 列車は篠ノ井からの貨物列車83レの到着を待って出発をします。この列車は快速列車ですから途中のいくつかの駅には停車しません。ただ、残念なのはホームからの景色がすばらしい姨捨駅も通過してしまうということです(183・9系時代には停車をしていました。)。平日なら、聖高原駅あたりから混雑してくるのですが、さすがに今日は土曜日ということもあり混雑もしないようです。明科を過ぎた辺から前のシートを回転させてボックス席をつくりゆったりと乗車したまま松本駅に到着しました。

 松本駅では次の列車までに約1時間30分ほど時間がありますので、EF64の動向を確認するため、南松本駅を訪ねてみることにしました。
 なお、こちらについては別の記事としてブログに掲載します。

画像

A松本(926)→薮原(1028) 9822M 快速[木曽漆器まつり号] 115系3連【N24編成】
(←薮原 クモハ115-1021+モハ114-1029+クハ115-1020 松本→)
 松本からは6月6日(金)〜8日(日)の3日間開催される「木曽漆器祭・奈良井宿場祭」に併せて運転される快速[木曽漆器まつり号]に乗車します。
 JR東日本長野支社の企画で4月に運転された、快速[高遠さくらまつり号]は記念乗車証の配布とヘッドマークの掲示があったようですが、今回の快速[木曽漆器まつり号]についてはそのようなサービス等はなく、列車の表示も単なる「臨時」(列車の横の表示は「快速」の表示です。)の表示のみでそれが残念といえば残念です。
 松本駅を発車した時点での乗車率は2〜3割程度でしょうか。このまま少ない乗客で行くのかと思ったところ、塩尻駅で大量の乗車があり、車内は一気ににぎやかになりました。乗客の話を聞いていると「漆器祭り」に行く人が3〜4割、さわやかウォーキングに参加する人が4〜5割、残りの1割が鉄道ファンといったところでしょうか。
 塩尻までは各駅停車でしたが、塩尻を出発するといよいよ快速列車となり、洗馬、日出塩、贄川と次々に駅を通過していきます。このままだと10時前に薮原についてしまうのではないか…と思っていたところ、奈良井駅で特急列車を退避するため約10分の停車がありました。松本駅では時間がなかったので編成写真が撮れませんでしたので、おかげでじっくりと撮影することができました。奈良井駅を発車するとまもなく終点の薮原駅に到着します。今回は久しぶりにJR東日本の車両でJR東海の管内を乗車することができました。
画像


画像画像













◎薮原の駅前は「さわやかウォーキング」の参加者で混雑していましたので、記念の乗車券を購入した後、早々に ホームに入って貨物列車の写真などを撮影して時間をつぶしました。

画像

B薮原(1049)→塩尻(1115) 8827M 快速[ナイスホリデー木曽路] 311系4連+313系2連【G14編成+Y32編成】
(←塩尻 クモハ311-14+モハ310-4+サハ311-4+クハ310-4+クモハ313-302+クハ312-302 薮原→)
 薮原からはJR東海の快速[ナイスホリデー木曽路]に乗車して塩尻に戻ります。
 この[ナイスホリデー木曽路]には311系と313系が連結されて使用されていますが、311系という車両には一度も乗車したことがないので、今日は311系に乗車してみることにしました。
 311系の車内は灰色の転換クロスシートが並んでおり、車端には時刻や停車駅を表示できる電光掲示板が備え付けられており、キハ75系DCと同じような作りになっています。また、シートの色は好みではありませんが柔らかめのシートでとてもすわり心地が良いシートでした。この辺の作りのうまさは「さすがJR東海!」と思わせられますね。そしてなによりも静かなのがいいです。気分は特急に乗っている気分に浸れます。
 乗り心地や設備等を調べているうちに塩尻駅に到着してしまいましたが、正直、この列車にもう少し乗っていたかったですね。
※この列車は塩尻到着後、JR東海が設定した快速[木曽漆器まつり号]になります。それにしてもJR東日本と車両の格差が大きすぎませんか?
画像画像














画像画像














◎塩尻駅にて…
画像画像












         PHOTO:(左)塩尻駅に停車中のクモハ123 (右)快速[木曽漆器まつり号](JR東海)

C塩尻(1126)→松本(1143) 433M 115系3連【N7編成】
(←松本 クハ115-1213+モハ114-1167+クモハ115-1070 塩尻→)
 塩尻からは甲府発松本行の普通列車に乗車します。こちらの車両はいつもの115系です。時間帯がいいのでしょうか車内は非常に混雑しており、松本までは立ったままで乗車していました。

※「乗車記・後編」に続きます…。【乗車日:平成20年6月7日(土)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平成29年・夏の青春18キップ乗車記@(ナイスホリデー木曽路と明智鉄道乗車)(H29.8.12)
               PHOTO:塩尻駅に停車中の快速[ナイスホリデー木曽路] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/08/13 00:11
平成29年・夏の青春18キップ乗車記A(ナイスホリデー木曽路と明智鉄道乗車)(H29.8.12)
                    PHOTO:恵那駅を発車して登り勾配に挑むアケチ12 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/08/13 19:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
快速[木曽漆器まつり号]+[ナイスホリデー木曽路]+[北アルプスいろどり号]乗車記【前編】 TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる