TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田急60000形・MSE(メトロホームウェイ)乗車記

<<   作成日時 : 2012/06/16 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像

 都内で会議がありましたので、恒例行事となりつつある「寄り道」は「快速[ムーンライト信州]で帰宅する。」という予定なのですが、その前に少々時間がありますので、先月、信号機故障の影響で乗車できなかった小田急のロマンスカーに乗車することにしました。

@大手町(2033)→本厚木(2132) [メトロホームウェイ41号] 60000形・MSE【乗車:8号車】
 さて、今回は何に乗車するかといいますと「MSE」です。…ということで、なんとか「大手町」という駅まで来ました。東京に疎い私にとって「大手町」が東京の何区でどこにあるのかまったくわかりません。ただ、この駅が今回乗車する[メトロホームウェイ]の発車駅なので、ここまで来たというわけです。
 今回乗車する小田急の最新鋭ロマンスカーである60000形・MSEというのは、マルチ・スーパー・エクスプレスの略で、この列車はその名のとおり東京メトロ直通運転用として設計され、特急用車両としては日本で始めて地下鉄での営業運転を可能とした、いわばマルチに活躍できる車両です。
 車体はフェルメール・ブルーにロマンスカーの証でもあるバーミリオン・オレンジのストライプを配しており、小田急の特急列車としては始めての色使いでとても鮮やかです。
 編成は10両編成を基調としていますが、途中駅での分割・併合を考慮し、新宿方が6両編成・小田原方が4両編成となっています。連結部側の先頭車は中央に貫通扉を設けており、お互いが行き来できるようになっています。なお、連結部ではない先頭車はロマンスカーらしい流線型となっていますが、展望席を設けていないほか、地下鉄への乗り入れ車両ということで非常用貫通扉を設けており、独特な雰囲気の先頭車となっています。
 大手町が始発駅なので、ゆっくり撮影をして…と書きたいところですが、大手町駅に留置線等がある構造になっていませんので、入線は発車の約2分前にならないと入ってきません。とりあえず乗車して空いているシートの写真を撮っているうちには列車が発車をしているという、とても忙しいスタートとなりました。
 さて、落ち着いたところで車内を見回してみます。車内は床面全面が赤色系の絨毯が敷き詰められており、これだけでも新時代のロマンスカーということを感じさせられます。座席はVSEに引き続き「岡村製作所」によるもので、シートの肉厚が薄く、また、背面部が木目調の樹脂製と、列車のシートとしては変わった作りとなっています。シートピッチは983mmということで、EXEの1000mm、VSEの1100mmより狭くなっていますが、前述のとおり肉厚を薄くしたことで、さほど狭いという感じないのですが、さすがにクッションが悪いです。座って間もなくするとお尻が痛くなるのには困りものです。今回は1時間の乗車でしたから我慢できましたが、これが2時間ということになると、もっと評価が悪くなると思います。
 それともうひとつ気になったのは、この車両は車内のあちこちの部品がアルミ合金でできているため、触ったり、肌が触れたりすると「ひんやり」としてしまいます。これは地下鉄乗入規格を満たすためには仕方がないことだとは分かっていますが、ちょっと?という部分です。
 さて、定刻に大手町を発車した列車は地下鉄内を進み、最初の停車駅である「霞ヶ関」に停車します。この駅は私が勤務している会社の本社がありますので、何回か利用したことのある駅ですが、まさかその駅を小田急のロマンスカーに乗車して眺める日が来るなんて思いもよりませんでした。
 この後列車は表参道駅に停車し、代々木上原で運転停車(運転手の交代で、客扱いはありません。)を行った後、地上に出て小田急線に入ります(地上に出ても夜なのであまり変わりませんが…。)。
 大手町を発車するときには2〜3割の乗車率でしたが、霞ヶ関、表参道でどっと乗り込んできて、全ての2人掛けシートが1人ずつ埋まるくらいの乗車率になりました。代々木上原の停車では反対側ホームに停車している小田原行き急行がすし詰めの状態で停車をしており、乗客がこちらを羨ましそうに見ていたのが印象的でした。
 さて、このあとは快調な走りで…と書きたいところですが、登戸駅の手前から抑止がかかってしまい、のろのろとした運転が続いていたかと思ったら、ついに停止をしてしまいました。その後、発車はしましたが、あいかわらずのろのろとして走りでダイヤが詰まっているのがわかります。ようやくロマンスカーらしい走りが戻ったのは最後の停車駅である町田駅を過ぎた後でした。
 さてMSEですが、新時代のロマンスカー・地下鉄を始めて走る特急列車ということで新しいルートと乗客をうまく開拓できたのではないかと思います。今回乗車した[メトロホームウェイ]ですが、その乗客のニーズをしっかりと掴むため、3月14日のダイヤ改正で編成を振り替え、今回10両で運転していた41号は6両に、6両で運転されていた43号を10両に振り替えるなどしてMSEの力を如何なく発揮させてくようです。
画像

                            PHOTO:独特な形状のシート


画像

                          PHOTO:シートの裏側は「木」です。


画像

                          PHOTO:VSEと同じドーム型の天井


画像

                        PHOTO:売店コーナーも設備されています


画像

                             PHOTO:男子トイレと洗面所


画像

                        PHOTO:デッキとの仕切りはすりガラスです。


画像

                              PHOTO:電光掲示式のサボ


画像

                         PHOTO:この文字は暗闇に浮いて見えます。


画像

                             PHOTO:MSEの連結部分です。


画像

                 PHOTO:車体ロゴです(VSEと異なり誰も写真を撮っていません!)。


画像

A本厚木(2207)→小田急新宿(2252) [さがみ96号] 30000形・EXE【乗車:4号車】
 本厚木駅からは30000形・EXEを使用した[さがみ96号]で新宿に戻ります。このEXEという車両には、先月(2/15)初めて乗車したのですが、シートが大型でクッションもたっぷりとあり、すわり心地が良いのですっかり私のお気に入りの車両となってしまいました(車両のデザインは?ですが…。)。
 特に今回は、ここまで乗車してきたMSEのシートが薄っぺらでしたので、よけいにEXEのシートのよさが分かります。また、この車両はシートの高さ、アームレストの高さ、窓枠の位置がとてもバランスが良いと思います。
 小田急のロマンスカーのうち、7000形、10000形、20000形には乗車していませんが、新宿から箱根まで乗りとおすなら「やっぱEXEだな!」と考えながら小田急新宿駅に戻ってきました。
画像

                       PHOTO:[さがみ96号]の電光掲示板


画像

                              PHOTO:車体ロゴ


画像

                   PHOTO:すわり心地が良いシートが並んでいます。


 さて、今回のMSEの乗車で小田急のロマンスカーも3種類目となりました。残る3形式(LSE・HiSE・RSE)についても、早めに乗車したいと思っていますが、なかなか東京に行く機会もないので、とりあえず今年中の目標としておきます。
画像

           PHOTO:今回使用した乗車券(東京メトロと小田急では色が異なります。)

【乗車日:平成21年3月6日(金)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MSE60000形・特急[あさぎり2号]ミニ乗車記(H24.7.15)
★相模大野(1005)→新宿(1039) 特急[あさぎり2号] MSE・60000形6連 (←新宿E クハ60251+デハ60201+デハ60351+デハ60451+デハ60501+クハ60551 @相模大野→) ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2012/07/15 22:06
www.idlemuscle.com
_c}UOOOO`ElrdiCg_z[EFCj__L snlnc`bghx`S___LV/EFu_u_O ...続きを見る
www.idlemuscle.com
2017/02/11 01:18
小田急電鉄・EXEα乗車記(H29.7.12)
                   PHOTO:小田急新宿駅に停車中のEXEα ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/07/13 00:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田急60000形・MSE(メトロホームウェイ)乗車記 TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる