TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 特急[ゆけむり]&特急[スノーモンキー]乗車記(H24.7.1)

<<   作成日時 : 2012/07/01 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

画像

 昨日、長野電鉄の2000系D編成の撮影会に須坂駅まで出かけたのですが、電留線に停まっている1000系[ゆけむり]や2100系[スノーモンキー]を見ているうちに乗りたいという気持ちが…。

 今日は昼間だけ自由になる時間がありましたので、温泉に入りながら長野電鉄の特急[ふるさと]と特急[スノーモンキー]の乗車を楽しんできました。

画像

@長野(908)→湯田中(953) 3A 特急[スノーモンキー] 2100系3連【E1編成】
(←湯田中@ クハ2151+モハ2101+デハ2111 B長野→) 
 長野駅からは1000系[ゆけむり]と並び、すっかり長野電鉄の人気者になった特急[スノーモンキー]に乗車して湯田中を目指すことにします。

 この特急[スノーモンキー]に使用される車両は、元[成田エクスプレス(N’EX)]に使用されていたJR東日本253系特急車両です。
 長野電鉄への導入に際してはワンマン化を施すとともに、前面の貫通扉を塞ぎ非貫通仕様としましたが、それ以外はほとんどオリジナルで「まんまN’EX」という感じです。

 車内もほぼオリジナルなのですが、1号車と2・3号車ではアコモデーションが大きく異なっていますので乗車にはちょっと注意が必要です。まず湯田中方の先頭車となる1号車には個室グリーン車(長野電鉄では「SPA猿〜ん」と呼ばれています。)が残っているほか、それ以外の客室には回転リクライニングシートが並んでいますので、進行方向を向いた状態で座っていくことができます。なお、JR時代には高嶺の花だった個室グリーン車ですが、長野電鉄では1,000円と非常にリーズナブルな料金となっていますので、一人で利用するのもよし!グループ(最大4名まで)で利用するのもよし!といったところでしょうか…(1室1,000円ですので、4人で利用すれば1人250円のプラスですみます。)。
 ちなみに、この「SPA猿〜ん」の利用権は「手書きのD型硬券」となっていますので、キップの収集を趣味にされている方には垂涎モノではないかと思います。
 
 一方、2・3号車はJR時代酷評された「集団見合いシート」がそのまま利用されていますので、座席の半分は進行方向と逆向きに座ることになりますので、乗車に際しては注意が必要となります(地方私鉄にとっては終着駅で座席の転換が不要ですから、こっちのほうがありがたいんでしょうね。)。
 なお、1号車の荷物棚はJR時代に一般的なものに変更されていますが、2・3号車は飛行機の荷物棚のようなハットラック式が残っていますので、N’EXの乗車気分に浸りたい方はこちらがお奨めかもしれません。

 私も今日はどちらに乗車しようか?と悩んだのですが、最近は「集団見合いシート」に座る機会が多かったため1号車のリクライニングシートに座って行くことにしました(注:元々グリーン車に普通車の回転リクライニングシートを並べていますので、若干ですが窓割があっていないシートがありますのでご注意を!)。

 さて、列車は定刻に長野駅を発車します。特急[スノーモンキー]というと、なんとなくB特急というイメージがあるのですが、この列車はA特急なので権堂駅に停車した後は須坂駅までノンストップで走りますので、感覚的に「速い」と思えます。。
 須坂駅には長野電鉄の車両基地がありますが、昨日撮影会の主役だった2000系D編成も側線に追いやられてしまっており、この先どうなるのかちょっと不安な姿を見せていました。

 須坂駅を出発し、天気が良ければ北信五岳を左手に見ながら進むことができるのですが、残念ながら今日は雨がしとしとと降っている天気のため、残念ながら景色のほうは…でした。

 信州中野駅を過ぎると列車の速度がガクンと落ち、いよいよ勾配のきつい山登り区間に入ったことがわかります。こちらも天気が良ければ高社山を見ることができるのですが、こちらも雲が低く垂れ込めているため見ることができません。列車は湯田中駅手前の最後の難所、40‰の勾配を上りきり定刻に湯田中駅に到着しました。

画像

                   PHOTO:1号車はリクライニングシートが並びます。


画像

            PHOTO:リクライニングの角度も深いですし、座面も前に出るタイプです。


画像

            PHOTO:2・3号車は集団見合シートですが、個人的には嫌いではありません。


画像

               PHOTO:須坂駅では2000系の姿も見ることはできましたが…


画像

           PHOTO:曇っていたため北信五岳もすっきりと見ることができませんでした。


◎今日は「長電1日フリーキップ」ではなく「楓の湯クーポン」というキップを使用しました。このキップ、フリーキップではなく湯田中までの往復切符なのですが、往復運賃の2,260円よりぐっと安い1,500円という値段なのですが、特急列車を利用する際も特急料金が不要な上、湯田中駅に隣接した「楓の湯」の入浴料が含まれているという超格安なキップです。
 ということで、湯田中駅では特急[ゆけむり]の発車まで、ゆっくりと温泉に浸ることにします。


画像

A湯田中(1158)→長野(1244) 8A 特急[ゆけむり] 1000系4連【S2編成】
(←長野C デハ1032+モハ1022+モハ1012+デハ1002 C長野→) S2
 湯田中駅からは特急[ゆけむり]に乗車して長野駅を目指します。
 特急[ゆけむり]に使用される車両はご存知のとおり、元小田急のロマンスカー10000形HiSEです。小田急時代は11車体という長大編成を誇っていましたが、さすがに長野電鉄では長すぎるということで、導入に際してはその編成を4両に短縮して使用されています。また、小田急時代にはワインレッドに塗られていた部分が長野電鉄の「赤」に塗色変更されていますが、列車全体が醸し出す雰囲気は「ロマンスカー」そのままです。

 1000系も長野に来てから早くも5年が経過し、すっかり長野電鉄の「顔」として活躍をしています。小田急時代には入手困難な「プラチナチケット」だった展望席も、長野電鉄では特急料金100円を支払えば誰でも座る事ができますので、小田急時代に乗れなかった方はぜひとも長野でその夢を叶えてみてはいかがでしょうか(少々並ぶ必要はありますが…。)。

 今回は湯田中駅に到着する特急[ゆけむり]を撮影していましたので、「駅の改札前には長い列ができているのだろうな…」と思いながら湯田中駅歩いていくと、「誰も改札口に待っていない!」ということで、大人気なく先頭車の展望席に陣取って長野に戻ってきました([ゆけむり]…最高!)。

画像

                 PHOTO:リクライニングはしませんが座り心地の良いシート


画像

                PHOTO:大人気なくこのシートに座って長野に向かいます。


画像

                   PHOTO:列車が地下部に入ると間もなく長野駅


 久々の長野電鉄の特急に「乗り鉄」できましたし、「温泉」に入ることができで心身ともリフレッシュが少しできた感じです。さて、明日からしっかり仕事をすることにしますか…。

【乗車日:平成24年7月1日(日)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
長野電鉄・特急[ゆけむり]+特急[スノーモンキー]撮影記(H24.7.1)
 あいかわらず「撮影記」などどいう大げさなものではありません。  今日(7/1)、長野電鉄の特急[ゆけむり]と特急[スノーモンキー]に乗車してきましたので、そのときに撮影したものを備忘録としてアップさせていただきます。 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記U
2012/07/01 16:33
長野電鉄・特急[ゆけむり]乗車記(H25.2.2)
 昨年末から「しなの鉄道」、「上田交通」、「アルピコ交通」と私が住む長野県内の私鉄の乗車が続いているのですが、お膝もとの「長野電鉄」だけ乗っていません。  昨年までは「2000系車両の引退」、「屋代線の廃止」、「スノーモンキーの塗色変更」などでだいぶ賑わいを見せていた同私鉄ですが、最近は公式HPの更新も少なく、また、イベントの開催もなく、ちょっと元気がないような感じがします…。  それならば…というわけではありませんが、私が「乗り鉄」をして長野電鉄の魅力を発信してやろう!という... ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2013/02/04 06:00
長野電鉄[ながでんビアトレイン〜プレミアム号〜]乗車記(H27.9.2)
       PHOTO:折り返し駅の小布施駅に停車中の[ながでんビアトレイン] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2015/09/02 22:45
長野電鉄[ながでん地酒トレイン(2016蔵開き!)]乗車記(H28.3.11)
             PHOTO:小布施駅に停車中の[ながでん地酒トレイン(2016蔵開き!)]  ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/03/12 19:17
長野電鉄・特急[ゆけむり〜のんびり号〜]乗車記(H27.4.18)
               PHOTO:小布施駅に停車中の特急[ゆけむり〜のんびり号〜] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/03/29 19:32
長野電鉄・特急[ゆけむり]&[スノーモンキー]乗車記(H28.6.12)
     PHOTO:須坂駅の隣接する車庫で並ぶ1000系[ゆけむり]と2100系[スノーモンキー] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/06/12 18:02
長野電鉄・村山駅開業90周年・硬券発売イベント参加乗車記(H28.6.25)
             PHOTO:村山駅に初めて停車した特急[ゆけむり〜のんびり号〜] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/06/25 19:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
hiseが解体になったので長電のゆけむりは希少価値が高まります。スノーモンキーも馴染んできたみたいですね。長電は屋代線が残念でしたが残った路線では頑張って欲しいですね(^-^)何とか乗りに行けたらとは思っていますがなかなか(^_^;)

春1247F
2012/07/01 22:50
 春1247Fさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 小田急も10000形ロマンスカーが廃車となり、前面展望を備えた車両はLSEとVSEだけになってしまいましたね。小まめに指定席を見ていけば先頭部にも座れるのだと思いますが、長野電鉄の[ゆけむり]なら30分我慢すれば間違いなく座れます。ぜひ、お時間ができたら長野に来て[ゆけむり]&[スノーモンキー]に乗りに来てくださいね。
TTI
2012/07/02 20:19
こんばんはm(_ _)m
LSEですが実は最近乗りました。最近1編成が更新から戻ったようで2編成での運用です。さて、あとはRSEです。年明けすぐに富士急が取得交渉に入ると複数の大手新聞が報じましたがその後の進展はわかりません。もし富士急に行けばフジサン特急になり富士急6000と並ぶことになります。富士山が似合う車両なので実現して欲しいものです。
さしあたり6日に富士急6000甲種ですね。どこかで何とか生で見たいとは思っています(^-^) ではまた
春1247F
2012/07/02 23:39
 春1247Fさん
 コメントをお寄せいただきありがとうござます。
 富士急のRSEは実現するのでしょうか?見てみたいような気もしますし、フジサン特急がなくなってしまうのも残念ですし…。
 6日の甲種ですが、私は仕事の関係やら時間的にも撮影が難しそうです。都内は明るい時間帯になるのかな?
TTI
2012/07/03 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
特急[ゆけむり]&特急[スノーモンキー]乗車記(H24.7.1) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる