TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 快速[分水夜桜号]乗車記(H25.4.24)

<<   作成日時 : 2013/04/25 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 2

画像

                    PHOTO:分水駅に停車中の快速[分水夜桜号]



 日本のさくら名所100選に選ばれた「大河津分水桜並木」の夜桜を見物するために、JR東日本新潟支社は快速[分水夜桜号]を多客臨時列車として設定しました。
 さすがに平日は…と二の足を踏んでいたのですが、会社にも、そして、新たな土地での生活にも慣れてきましたので、少しだけ会社を休んで、ちょっと小粋に夜桜見物に行ってきました。



画像

@宮内(1531)→長岡(1536)  1741M  115系2連【S12編成】
(←長岡 クモハ115-1561+クモハ114-1520 宮内→)
 宮内駅からは旧・新潟色の115系2連に乗車して長岡駅へ移動します。新潟地区の115系って「なんとなく編成が長い。」というイメージがあったのですが、最近、2連の115系をよく目にするようになったような記がします。



画像

A長岡(1611)→新潟(1734)  447M 115系6連【N7+N31編成】
(←新潟 クモハ115-1050+モハ114-1070+クハ115-1050+クモハ115-1553+モハ114-1112+クハ115-1246 長岡→)
 長岡駅からは新・新潟色の115系3連を2編成連ねた6両編成の普通列車で新潟駅を目指します。
 時間的にちょうど学生さんたちの帰宅ラッシュにぶつかってしまいましたが、ドア脇の2人掛けのロングシートに一人で座って移動することができました。




画像

B新潟(1753)→分水(1910) 9448M〜9246M〜9168M 快速[分水夜桜号] 485系改4連【きらきらうえつ編成】
(←分水@ クハ484-702+モハ484-702+モハ485-702+クハ485-701 C新潟→)
 新潟駅からは今回の乗車のメインとなる快速[分水夜桜号]に乗車します。
 長岡から乗車した列車が新潟駅に4分ほど遅れて到着し、しかも到着ホームが8番線、もう一つおまけに帰宅ラッシュということでホームを移動するのに手間取っていたところ、ホームに「まもなく快速[分水夜桜号]が入線します。」というアナウンスが流れました。
 あわてて入線のシーンと編成写真を撮影して乗車ホームに行くと「まもなく発車します…」というアナウンスが…。もう少し余裕を持って旅立ちのときを迎えたかった…というのが正直なところでした。

 さて、新潟駅を発車した快速[分水夜桜号]ですが、平日の多客臨時列車の割には乗車率が良かったですねぇ〜。多くの乗客は『びゅうパック』で乗車しているようで、仕事帰りと思われる会社の団体客と夫婦で乗車をしている方が多い感じでした。
 
 さて、この快速[分水夜桜号]には485系を改造したジョイフルトレイン[きらきらうえつ]が使用されます(だから平日にもかかわらず乗車にチャレンジしたわけですが…。)。
 この[きらきらうえつ]ですが、白新線・羽越本線を走る快速[きらきらうえつ]の専用車両となっているのですが、過去にも北越急行線、上越線、吾妻線、中央線、東海道線においても多客臨時列車として走った経緯があるようですが、今回走行する弥彦線・越後線には初入線になるものと思われます。

 快速[きらきらうえつ]では全車指定席として使用されていますが、今回は平日の運転ということも考慮したのでしょうか、一部の車両については自由席となっています。
 編成は1号車と2号車のラウンジが自由席、3号車と4号車が指定席となっていたため、1号車に座れなかった通勤・通学客が2号車を占拠してしまい、わざわざ指定席を購入した人がラウンジを使用できないということになってしまいました。
 多くの乗客に乗ってもらいたい…という新潟支社の気持ちもわからなくはないのですが、2号車のラウンジでお酒の講座と試飲会が行われるというイベントが用意されていたわけですから、全車指定席でも良かったのでは…と思ってしまいました。

 さて、列車は新潟車両センターを横目に見ながら淡々と進んでいきます。快速列車のためでしょうか、結構小まめに停車を繰り返しながら進んでいきます。
 列車の性格上、多少覚悟はしていたのですが、列車が進むにつれて車内がアルコールの匂いで充満してきました。そう、私はアルコールが大嫌い。そして酔っ払って大きな声で騒ぐ輩も大嫌いなのです。『まあ、分水までの未時間時間だから…』と自分を納得させながら乗車を続けます。

 列車は東三条駅を発車すると信越本線から弥彦線に入ります。弥彦線=ローカル線というイメージが強いのですが、東三条駅からは地上ではなく高架部を走っていきますので結構都会的な感じがします。新幹線との接続駅である燕三条、そして列車交換設備の整った燕駅に停車をしながら進んでいきます。

 快速[分水夜桜号]は吉田駅を発車すると今度は弥彦線と分かれて越後線に入ります。そして5分ほど走るとホーム脇の桜並木がライトアップされた分水駅に到着しました。
 

画像

              PHOTO:新潟駅の電光掲示板(列車名くらい表示して欲しかった!)


画像

                    PHOTO:新潟駅に入線する快速[分水夜桜号]


画像

                      PHOTO:[きらきらうえつ]編成の車内


画像

                PHOTO:2号車はお酒の試飲等のイベントが行われました。


画像

               PHOTO:そのため売店はお休み…(車内販売はありましたが…)


画像

               PHOTO:列車は新潟車両センターを見ながら進んでいきます。


画像

             PHOTO:東三条駅を出ると信越線と分かれて弥彦線に入っていきます。


画像

                    PHOTO:信濃川を渡るとまもなく燕三条駅


画像

                    PHOTO:燕駅では普通列車と交換します。


画像

                    PHOTO:分水駅はちょうど桜が満開でした!


画像

                  PHOTO:分水駅に停車中の快速[分水夜桜号]


画像

         PHOTO:列車停車中に分水の「おいらんさん」からポストカードをいただきました。
※この娘がお化粧をして着物を着るとおいらんになるそうです。なお、ちゃんと許可をいただいてアップさせていただいています。


画像

                  PHOTO:手書きのメッセージが嬉しいですね。



画像

C分水(2008)→東三条(2041) 9173M〜9251M 快速[分水夜桜号] 485系改4連【きらきらうえつ編成】
(←東三条C クハ485-701+モハ485-702+モハ484-702+クハ485-702 B分水→)
 分水駅に到着した快速[分水夜桜号]ですが、いつものパターンだと、到着後、どこか近くの駅まで回送され、発車時刻間近に再び送り込まれる…となるのですが、今回は分水駅にそのまま約1時間停車となります。また、この停車時間内は地元の方に車内も解放となるため、落ち着いて車内で食事を…というわけにはいけませんが、まあ、荷物を置いたまま写真を撮りに行くことができましたので、非常に助かりました(雨が若干降って今いましたので本当に助かりました。)。

 分水駅でゆっくりと撮影を済ませた後は、快速[分水夜桜号]に乗車して戻ります。
 当初の予定では『帰りも新潟駅まで乗車を…。』と思っていたのですが、車内は「ほろ酔い気分の乗客」の集団から「ほとんど泥酔の乗客」の集団」となってしまい「煩い上にアルコール臭い!」ということで、私の気分も悪くなってきてしまいましたので東三条駅で下車しました。                 



画像

D東三条(2110)→長岡(2136)  454M E127系6連
 …ということで東三条駅から宮内駅に戻ることにします。ここからも当然115系に…と思っていたのですが、東三条駅に到着したのはE127系電車でした。
 6連という長い編成(2両編成×3本)でしたので、ゆったりと座ってくることはできたのですが、やっぱりロングシートというのは、どこを見ていていいのかわからないので苦手ですね。



画像

E長岡(2207)→宮内(2211)  1362M 115系3連【N8編成】
(←宮内 クハ115-1046+モハ114-1072+クモハ115-1052 長岡→)
 本日のアンカーは旧・新潟色の115系です。
 さすがにこの時間になると混雑とは無縁となり、ゆったりと座って戻ってくることができました。

画像

                        PHOTO:115系・新潟車の車内



画像


画像

             PHOTO:本日使用した乗車券(往復とも同じ席にしてくれればいいのに…)

◎過去の[きらきらうえつ]の乗車記はこちら…
 ・きらきらうえつ乗車記【後半】(2007-2008・冬の青春18キップの旅VOL.3)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_135.html

【乗車日:平成25年4月24日(水)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お知らせ(快速[分水夜桜号])
 4月24日(水)に乗車した列車の乗車記をアップしましたので、よろしければご覧ください! ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道観察・撮影記
2013/04/25 20:15
レイバン
快速[分水夜桜号]乗車記(H25.4.24) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/03 23:17
快速[高田お花見号]乗車記(H29.4.15)
                   PHOTO:長岡駅に到着する快速[高田お花見号] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/04/16 04:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新潟へ行ってからも鉄道情報は豊富ですね!
快速[分水夜桜号]乗車はどうでしたか?485系きらきらうえつ型車両ですね!
夜桜がきれいですね!
弥彦・越後線(吉田−新潟間のみ)は地方交通線ですがsuicaが使えます。
もり
2013/04/26 08:57
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 新潟県は長野県よりも暖かいのですが、積雪量の違いからでしょうか桜の満開の時期が長野県よりも少し遅い感じですね。
 そのため、長野県ではすっかり葉桜となっている今でも満開の桜を見ることができました。
 新潟県に来ても元気ですよ!心配してくれてありがとう。
TTI
2013/04/26 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
快速[分水夜桜号]乗車記(H25.4.24) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる