TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士急行・新型フジサン特急乗車記(H26.7.13)

<<   作成日時 : 2014/07/14 21:04   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 8 / コメント 7

画像

                    PHOTO:大月駅で並ぶ新旧[フジサン特急]

 JR東日本の元ジョイフルトレインであった[パノラマエクスプレス・アルプス]を改造した、富士急行2000系[フジサン特急]の1編成が引退して早くも5か月が経過しました。この間、不足する特急列車については、一般型車両を用いて対応をしていましたが、7月12日に待望の新型特急がデビューしました。
 本当は新型車両導入日に乗車に行きたかったのですが、所用のためいけませんでしたが、ちょうどデビュー翌日に、私が応援するサッカーチームの試合が千葉市内で行われるため、この応援を兼ねて、富士急行の新型特急列車の乗車に行ってきました。


画像

@松本(608)→大月(759)  5052M 特急[あずさ2号] E257系11連
 長野を一番に発車する新幹線では大月駅を8時過ぎに発車する[フジサン特急]に間に合わないため、今回は松本まで車で向かい、そこから「乗り鉄」をスタートします。
松本からは特急[あずさ2号]に乗車しました。松本駅を朝1番に発車する特急列車、しかも東京行きということで混雑を予想していましたが、自由席はガラガラの状態でした。



画像

A大月(813)→河口湖(900) [フジサン特急1号] 8000系3連
 大月駅に到着したところ、当然ですが新型の[フジサン特急]は既にホームに入っており、乗客も結構乗っているようです。私も早くホームに入りたかったので、富士急行線が乗車できる「週末パス」を改札口で提示して「特急券は車内で購入します。」と言ったところ、返ってきた返事が「時間があるので特急券を購入してから入ってください。」とのこと。仕方がないので長い列を作っている自動券売機の列に並んだのですが、これがちっとも進まない!原因は、特急券だけ購入したいのに、券売機の表示が分りづらいために時間がかかっていたようです(富士急行さん、ここ、改善の余地ありですよ!)。
 ちなみに、この新型[フジサン特急]は7月12日にデビューしたわけですが、同時に大月駅の改装工事も完了したようで、自動券売機も新型に変わっていたようです。

 ようやく特急券を購入しホームに入ります。先頭の1号車は着席整理券が必要なため空いていましたが、着席整理券は自動券売機では販売していませんので、2号車か3号車に座席を確保しなくては…と思って車内を移動したところ、3号車の一番後ろの席が空いており、なんともラッキーな席に座ることができました(理由はあとでわかります。)。

 座席が確保できましたので、残った時間を利用して新型[フジサン特急]の写真を撮影します。
 新型の特急車両は、元小田急の20000形RSEを3両に短縮改造した車両で、富士急行では8000系という名称で再デビューとなりました。あのエレガントなRSE20000形がこんなにコミカルな特急に…という感じも受けますが、[フジサン特急]というキャラクターを考えると「これもありかな。」と思えるから不思議です。

 車内は富士山駅方の1号車が着席整理券が必要となる車両で、運転席後方は展望室(ソファーが設置されています)となっており、その後方が1−2列の座席、その後方が2−2列の座席配置となっています。また、2・3号車についてはRSE時代の座席と同じ並びになっています。


画像

              PHOTO:1号車の運転室後方は展望室(ソファー)となっています。



画像

               PHOTO:展望室の後方は1−2列、2−2列の座席が並びます



 多くの観光客を乗せた新型[フジサン特急1号]は定刻に大月駅を出発します。新型特急ではありますが、車内放送は従前の[フジサン特急]と同じものが使用されており、ちょっと新鮮味が無いといえば無いですね…。
 富士急行は全線急勾配線区ですので、特急列車とはいえゆっくりとした速度で進んでいきます。今日はあいにくの曇り空のため富士山を望むことはできませんでしたが、ちょうど新緑がまぶしい時期でもあり、景色を楽しみながら乗車を続けます。

 富士山駅では進行方向が変わります。多くの人は座席を回転させませんが、私は「この時を待っていました!」ということで座席を回転させます。そう、ここからは私の席が展望席となるからです!
 ここ富士山駅からは前面展望を楽しみながら河口湖駅までの乗車を楽しみました。


画像

                   PHOTO:富士山駅からは前面探訪を楽しみます。



画像

                   PHOTO:車内の電光掲示板も「富士山」です。



画像

B河口湖(919)→富士山(926)  
 河口湖駅でフジサン特急などを撮影した後は、JRの205系を改造した6000系に乗車して富士山駅に向かいました。
 富士山駅では、駅入口にあるお店でコーヒー&たい焼きを…と予定していたのですが、ちょうどお店が改造工事中ということで、残念ながら食べることができませんでした…。

画像

                PHOTO:6000系の車内も水戸岡デザインでお洒落です。




画像

C富士山(957)→大月(1053) [富士登山電車2号] 1000系2連
 富士山駅からは、富士急行のもう一つの目玉列車である[富士登山電車]に乗車して大月駅まで戻りました。
 [フジサン特急]も良いですが、こっちの[富士登山電車]も魅力たっぷりですね…。さすが水戸岡マジック!といったところでしょうか…。


画像

                  PHOTO:河口湖駅の側線で停車中の[富士登山電車]



画像

     PHOTO:下吉田駅では停車時間を利用してブルートレインテラスを見学する時間もありました。



画像

                  PHOTO:下吉田駅で快速[ホリデー快速富士山1号]



画像

             PHOTO:立て続けに快速[ホリデー快速富士山3号]と交換します。



画像

              PHOTO:40パーミルの勾配を下りながら大月駅を目指します。




画像

D大月(1057)→高尾(1141)  540M 115系6連【C12編成】
 大月駅に戻ってきました。ここからはサッカーの試合の応援に向かうため千葉県の蘇我駅を目指します。
 大月駅からは最後の活躍を続ける115系C編成を使用する普通列車で高尾駅に向かいます。




画像

E高尾(1146)→東京(1241)  1241T 中央特快 E233系10連
 高尾駅からはE233系の中央特快で一気に東京駅に移動します。




画像

F東京(1318)→蘇我(1400) 1303A 快速 E233系10連
 東京駅からは赤色のE233系でスタジアムのある蘇我駅を目指します。


 蘇我駅に到着後は「フクダ電子アリーナ」へ、AC長野パルセイロの応援に行きました。
 試合の模様等はこちらをどうぞ…http://tomodaciya221-2.at.webry.info/201407/article_4.html


G蘇我(※※)→東京(※※)  快速 E233系10連 
H東京(※※)→新宿(※※)  快速 E233系10連
 サッカーの応援終了後は、帰宅をするため赤色のE233系、オレンジ色のE233系を乗り継いで新宿駅へ移動しました。



画像

I新宿(2000)→松本(2238)   33M 特急[スーパーあずさ33号] E351系12連
 新宿駅からは本日のラストランナーとなる特急[スーパーあずさ33号]で松本駅に戻りました。
 途中、山梨県内で前を走る列車が鹿と衝突したことにより、約30分ほど遅れての到着となりました。


 小田急のロマンスカーを改造した列車といえば、長野電鉄の特急[ゆけむり]が有名ですね。特急[ゆけむり]はロマンスカーのイメージをそのまま引き継いだことが良いのですが、[フジサン特急]みたいな車両改造も「ありかな」と思ってしまいました。
 しかし、富士急はこれで特急車両が2種類、これに水戸岡先生がデザインした観光列車、同じく水戸岡先生がデザインを担当したJRの205系の改造車6000系と、多種多様な列車が揃いました。
 今回は片道しか[フジサン特急]に乗車できませんでしたし、他の列車にもゆっくりと乗りたくなってしまいましたので、青春18キップで再訪を…と思っているところです。

【乗車日:平成26年7月13日(日)】

◎過去の富士急行、[フジサン特急]等の乗車記はこちらから…
 ・平成21年・冬の青春18キップ乗車記VOL.4(富士急行・フジサン特急乗車記)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_184.html
 ・「富士登山電車」乗車記【前編】(H22.4.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_3.html
 ・「富士登山電車」乗車記【後編】(H22.4.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_4.html
 ・平成23年・夏の青春18キップ乗車記【115系スカ色と富士急行・前編】(H23.9.26)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_67.html
 ・平成23年・夏の青春18キップ乗車記【115系スカ色と富士急行・後編】(H23.9.26)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_68.html
 ・平成24年・春の青春18キップ乗車記【富士急行6000形乗車記(H24.3.4)】…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_260.html
 ・富士急行1000系(京王カラー)・1200系等乗車記【前編】(H24.11.2)の乗車記はこちら…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_1.html
 ・富士急行1000系(京王カラー)・1200系等乗車記【後編】(H24.11.2)の乗車記はこちら…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_2.html
 ・富士急行1000系・1200系[エヴァンゲリヲン・カラー]乗車記(H24.12.4)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_1.html
 ・富士急行1000系・1200系乗車記(H25.1.31)〜目指せ!コンプリート!!〜…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_16.html
 ・惜別・富士急行[フジサン特急(PEAカラー)]乗車記(H25.12.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201312/article_3.html
 ・[フジサン特急(PEAカラー)]惜別乗車記(H25.12.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201312/article_2.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お知らせ・新型[フジサン特急]乗車記(H26.7.13)
 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道観察・撮影記2
2014/07/14 21:08
しなの鉄道・観光列車[ろくもん号]乗車記(H26.7.26)
                   PHOTO:上田駅に停車中の快速[ろくもん2号] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2014/07/26 19:23
平成27年・冬の青春18キップ【富士急行2000系フジサン特急惜別乗車記】(H28.1.8)
                PHOTO:大月駅に停車中の2000系フジサン特急 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/01/09 07:13
富士急行・2000系[フジサン特急]惜別乗車記(2回目)(H28.1.31)
PHOTO:下吉田駅を発車する2000系[フジサン特急号] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/01/31 20:57
富士急行・[富士山ビュー特急]乗車記【後編】(H28.4.26)
                  PHOTO:河口湖駅で停車中の[富士山ビュー特急] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/04/27 20:29
快速[富士山]乗車記(H28.7.1)〜運転初日〜
                 PHOTO:河口湖駅に到着した快速[富士山](189系M51編成) ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/07/01 20:56
富士急行・6000系マッターホルン号乗車記(H28.10.28)
               PHOTO:大月駅に進入する6000系・マッターホルン号 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/10/27 21:23
平成29年・春の青春18キップ乗車記(富士急行・フジサン特急15周年記念(H29.3.4)
                PHOTO:富士山駅に到着する8000系・フジサン特急 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/03/04 07:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
先ほどはどうも…
富士急は連休前に訪れて以降は行ってません。
私もまた乗りに行かなくては…と思うほどの車両が揃っています。
意外なことに元京王のマッターホルン号にまだ乗れていないので…RSEと共に狙ってみたいです(^_^)
春1247F
2014/07/14 21:35
 春1247Fさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 これは奇遇というか…。私も1000・1200系のうちマッターホルン号に乗車できていないんですよ。日曜日に訪れたときには元気に動いていましたので、私も近いうちには…と思っているところです。
TTI
2014/07/15 06:11
もりです。
新型フジサン特急8000系の乗り心地はいかがでしたか?
富士山の景観に配慮した外装ですね!
展望席の眺め最高ですね!

私は13日にしなの鉄道観光列車ろくもんに乗車しました。県内産の木材にこだわり、和食料理はお上品的(ご飯・汁・飲み物・デザート)で食事してみます体格のいい私でもお腹いっぱいになりました。
デビューしたばかりで混雑していると思いましたら落ち着いていました。
1部の駅では10数分停車してセレモニーしていました。

同乗車記もしていただけたら?
もり
2014/07/17 17:40
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 富士急行は中古の車両ながら演出が非常に上手だと思います。
 さて、ろくもんに乗車をして食事までされたとのことで羨ましい限りです。さすがにあの料金プランでは「大混雑」にはならないと思いますし、数ヵ月後にはどうなっているやら…と思っています。
 私、しな鉄のサポーターではありますが、今回の設定ってしなの鉄道さんが何か勘違いをしているような気がするのですが…。
TTI
2014/07/17 19:49
〉TTIさん
富士急 8000系 新型フジサン特急等の写真が、上手く撮れてますよ。
凄いじゃないですか!
私は、富士急 8000系にも憧れました。
因みに、富士急 2000系 2001編成 フジサン特急が、引退する時は、フジサン特急塗装のままなのか?、パノラマエクスプレスアルプス塗装に、塗り替えるのか?、気になります。
カンマ
2014/07/18 12:38
追加ですが、東京駅の新幹線ホームから京葉線同まで徒歩20分だそうですね!
E233系0番台・同5000番台乗車されてどうですか?
違いも多少はあると思います。
私も同0・1000・2000・3000・5000・7000番台に乗車しました。横浜線6000番台に乗車したいです。
弱点は2000番台を除き運転台が高いので、背の高い人にはいいのですが、子供たちには前での景色が見れないことです。大人の方・親御さんには抱っこしてみるしかないですね!
もり
2014/07/18 17:53
 カンマさん
 写真を褒めていただき光栄です。
 富士急行は鉄道ファンの気持ちが分っている会社ですので、2000系フジサン特急が最後を迎えるときには、絶対にPEA色に戻してくれると信じています。

 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 京葉線の東京駅は、無理に東京駅とせずに隣の駅として列車を走らせて欲しいですね…。
 E233系も色々と乗車しましたが、違いが分らない!というのが私の本音です。
TTI
2014/07/18 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士急行・新型フジサン特急乗車記(H26.7.13) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる