TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成27年・冬の青春18キップ【富士急行2000系フジサン特急惜別乗車記】(H28.1.8)

<<   作成日時 : 2016/01/09 07:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 3

画像

                PHOTO:大月駅に停車中の2000系フジサン特急


 富士山の麓を走る富士急行には魅力的な電車が多数走っており、私も過去何度となく乗車に行っているのですが、去る12月9日、富士急行から『フジサン特急として活躍してきた2000系電車の運行を、2016年2月7日(日)で終了する。』というプレスリリースが発表されました。

 この2000系特急車両はご存知のとおり、元JR東日本が所有していたジョイフルトレイン・アルプスエクスプレスで、JRで活躍をしたのち富士急行に譲渡され、6両であった編成を2分割して、2本の特急車両として活躍をして来ました。このうち2002編成については、後継車両である8000系(元小田急のRSE)の導入に伴い、2014年2月に廃車となり、現在では2001編成が残るのみとなっていたのですが、前述のとおり、その活躍も来年の2月7日までとうことになってしまいました。

 2002編成の引退時にも沿線には多くの鉄道ファンが集まり、ちょっとした騒動になったとも聞いていますので、今回はそれ以上の騒ぎに…と思い、ちょっと早いですが「惜別乗車」に行ってきました。

 当初の予定では12月22日(火)に休みをいただいていましたので、その日に訪問をする予定だったのですが、あいにく19日(土)に2000系・フジサン特急に故障が見つかった…ということで、翌日以降から運用を離脱してしまいましたので、プレスリリースから1か月も経過してからの乗車となってしまいました。



画像

@松本(632)→大月(921)  428M 211系6連【N605編成】
今回の「乗り鉄」は松本駅からスタートです(松本駅までは車で移動しています。)。
 大月まで乗車行く立川行きの普通列車は、松本駅の5番線ホームに6時20分頃入線をしてきます。今日は「平日」ということもあり、この時間ともなると通勤・通学の乗客も多く、松本駅を発車するころには、ほぼ、すべてのボックス席が埋まった(各ボックス1〜2名程度ですが)状況で発車をします。
 今回乗車した編成は211系6連のN605編成ということで、座席がいわゆるボックスタイプの車両ということで一安心です。これで大月まではゆっくりと座って移動することができます。
 
 列車は上諏訪駅まではだいぶ混雑をしていたのですが、上諏訪駅からは乗車してくる乗客もなく、意外と空いていることにちょっと意外な感じを受けました。この後も特に大きな混雑もなく、結局、私は松本から大月駅までずっとボックス席を1人で座っていくことができました(中央の車両は学生さんの通学などで大分混雑していたようです。)。

画像

            PHOTO:八ヶ岳を左手に見ながら、のんびりとした列車の旅を楽しみます。










画像

A大月(946)→河口湖(1051) [フジサン特急3号] 2001編成
(←富士山@ クロ2001+モロ2101+クモロ2201 B大月→)※富士山→河口湖は逆向き
 大月駅に到着しました。[フジサン特急3号]に乗車するまで少し時間がありましたので、駅の外から編成写真を撮影した後、富士急行の大月駅窓口で、引退記念デザインの「フジサン特急フリーキップ」と「着席整理券」を購入してから、富士急行のホームに入ります。

 ホームに入るとフジサン特急3号の展望車入口にはすでに10名程度の列が…。今日は平日なのにと思ったのでが、まあ、学生さんはまだお休みの期間ですし、青春18きっぷの期間でもあるから当然なのかも…と自分自身を乗っとくさせて、私もその列に並ぶことに…。列車到着後、座席や車内の整備が終了すると、車内への案内が始まります。並んでいた方たちのお目当ては「展望席」ということで、あっという間に展望席は埋まりましたが、後方のリクライニングシートはガラガラ…ということで、今回はこちらに座って河口湖駅を目指すことにしました。


 [フジサン特急3号]は定刻に大月駅を発車し、JR線を右手に見ながら左方向に進路を変えるとすぐにトンネルを抜けて河口湖を目指して進んで行きます。最初の停車駅は都留文科大学前です。この特急の前を普通列車が走っていますので、降りる人はいないだろう…と思っていたのですが、これが結構な降車客でびっくりでした。

 その後、フジサン特急は車窓左手に富士山を見ながら進んで行くのですが、何度乗車してもこの列車は「凄い!」と思うのですが普通にシートに座っていても「登っている。」とわかることですね…。いかに普標高差が500mあるということが凄いことだということがわかります。

 左手に見えていた富士山が右手に見え始めると[フジサン特急]は富士山駅に到着します。この駅でも自由席から多くの乗客が降り立って行きましたので、バスに乗り換えて富士山や忍野八海などに行ったものと思われます。
 その後、フジサン特急は進行方向を変え富士急ハイランドに停車した後、終着の河口湖駅に到着しました。


画像

               PHOTO:富士急行の大月駅に到着するフジサン特急2号




画像

         PHOTO:展望車の展望室・サロン室の後方にはリクライニングシートが並びます。




画像

            PHOTO:JR線を右手に見ながら左方向に進路を変えて進んで行きます。




画像

          PHOTO:雄大な富士山が迫ってくると、間もなく列車は富士山駅に到着します。




画像

        PHOTO:河口湖駅には[富士山ビュー特急]に改造前の8500系が置いてありました。








画像

B河口湖(1038)→下吉田(1051) 211系3連【N323編成】
 河口湖駅からは4分の待ち合わせで、普通列車に乗車して下吉田駅に戻ります。
 富士急のオリジナル車両に乗れるもの…と思っていたのですが、なんと、ここから乗車したのは珍しくもない211系の3連でした。ただ、この編成、3連としては珍しいボックスシート仕様でしたが…。



◎ブルートレインテラスの見学…
 下吉田駅ではブルートレインテラスの見学を行うとともに、駅に併設されている「富士吉田倶楽部」で名物のハニートーストとコーヒーをいただきました(また、ハニートーストの写真を撮り忘れてしまった…)。


画像

              PHOTO:ブルートレインテラスに展示されているスハネフ14−20




画像

                    PHOTO:[富士]のテールマークをアップで




画像

                    PHOTO:富士急行が昔使用していた貨物




画像

                     PHOTO:富士吉田倶楽部で一服
 
 


画像

         PHOTO:ブルートレインテラスの入場券(無料のものと有料のものと2種類あります。)




画像

                      PHOTO:6000系フジサン特急


 

画像

        PHOTO:お茶をしていたら下吉田駅でフジサン特急]同士の交換がありました。







画像

C下吉田(1142)→富士山(1150) 6000系3連
 下吉田でブルートレインテラスを見学した後は、普通列車で富士山駅に向かいます。
 ここからは水戸岡先生がデザインをした6000系(元JR205系)に乗車しました。しかし、何回乗車しても、こんなに豪華な通勤列車があるなんて…驚きです。








画像

D富士山(1209)→河口湖(1215) [富士登山電車1号]
 富士吉田駅で記念入場券などを購入して、後続の[富士登山電車1号]で河口湖駅に戻ります。
 こちらも水戸岡先生の出材された列車です。[富士登山電車]の良さを味わうほど乗車していたわけではありませんが、この電車だけは車内の雰囲気が特急列車とも普通列車とも違いますねぇ…。なんとなく別空間のような気がするのは私だけでしょうか…不思議な列車です。








画像

E河口湖(1300)→大月(1347) [フジサン特急8号]
(←大月B クモロ2201+モロ2101+クロ2001 @富士山)河口湖→富士山は逆向き
 河口湖駅からは[フジサン特急8号]で大月駅に戻ります。
 運よく展望席に座ることができましたので、大月駅までビデオ撮影をしながら戻りました(前展望となるのは、河口湖駅→富士山駅の区間だけで、あとは後ろ展望となります。)。
 この展望室、シートは非リクライニング、ピッチは狭い、しかも暑いと三重苦ですが、やはり乗車希望者は多いようで、行きの3号もこの8号も大賑わいでした。
 また、平日なのに展望車・自由席ともに混雑していてびっくりです。もちろん鉄道ファンも多いのですが、それ以上に外国人観光客が多くてびっくりしました。


画像

                  PHOTO:短い区間ですが「前展望」を楽しみます。



画像

                  PHOTO:大月駅に到着した[フジサン特急8号]








画像

F大月(1445)→松本(1731) 441M 211系6連【N601編成】
 大月駅からは14時10分の甲府行きではなく、後続の14時45分の松本行きの列車に乗車します(理由は書くまでもなく…)。
 問題はロングーシート車が来るのか?ボックスシート車が来るのか?ということでしたが、運よくボックスシート車、しかも(結構、混んでいるにもかかわらず)大月駅から1人で座っていくことができました。
 ただ、甲府から先は大混雑ということで、大月駅で1本乗車する列車を見送ったのは大正解でした!



 まあ、どんなに人気のある車両でも必ずいつかは「引退」という日を迎えることになるわけですが、全国各地を走っていた165系電車が線路上から消えてしまう…というのは、165系と同世代の私にとっては「もう、お前の時代は終わったんだよ…。」と言われているようで、少々寂しい感じです。

当初の予定では「12月中に1回訪問して、1月中に最後の訪問を…。」と考えていたのですが、フジサン特急の車両故障により今日の訪問となってしまいました。今回は「最後の訪問になるかも…」ということで、手持ちのカメラでは一番良いオリンパスのOM−D E−M1を持ってきたのですが、私、ここで大チョンボを犯してしまい、普段は高倍率ズーム(換算28−300mm)装着しているのに、なぜか持ってきたカメラに装着されていたのは標準ズーム(28−100mm)ということで、ちょっと自分がイメージしていた写真を撮ることができませんでした。
 まだ、引退まで1か月以上ありますので、リベンジを果たす意味でも「もう1回ぐらいは顔を見に…」と思っているのですが、今日訪問した結果、富士急行の運転士さんや車掌さんの対応がね…ちょっとでしたので、考えちゃいますね。

画像

                        PHOTO:本日使用した乗車券




画像

                  PHOTO:フジサン特急の「引退記念乗車証明書」

【乗車日:平成28年 1月 8日(金)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

◎過去の富士急行への乗車記はこちらから!
 ・富士急行・新型フジサン特急乗車記(H26.7.13)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201407/article_4.html
 ・平成21年・冬の青春18キップ乗車記VOL.4(富士急行・フジサン特急乗車記)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_184.html
 ・「富士登山電車」乗車記【前編】(H22.4.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_3.html
 ・「富士登山電車」乗車記【後編】(H22.4.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_4.html
 ・平成23年・夏の青春18キップ乗車記【115系スカ色と富士急行・前編】(H23.9.26)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_67.html
 ・平成23年・夏の青春18キップ乗車記【115系スカ色と富士急行・後編】(H23.9.26)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_68.html
 ・平成24年・春の青春18キップ乗車記【富士急行6000形乗車記(H24.3.4)】…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_260.html
 ・富士急行1000系(京王カラー)・1200系等乗車記【前編】(H24.11.2)の乗車記はこちら…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_1.html
 ・富士急行1000系(京王カラー)・1200系等乗車記【後編】(H24.11.2)の乗車記はこちら…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_2.html
 ・富士急行1000系・1200系[エヴァンゲリヲン・カラー]乗車記(H24.12.4)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_1.html
 ・富士急行1000系・1200系乗車記(H25.1.31)〜目指せ!コンプリート!!〜…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_16.html
 ・惜別・富士急行[フジサン特急(PEAカラー)]乗車記(H25.12.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201312/article_3.html
 ・[フジサン特急(PEAカラー)]惜別乗車記(H25.12.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201312/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お知らせ・[フジサン特急]惜別乗車記
 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道観察・撮影記2
2016/01/09 08:01
富士急行・2000系[フジサン特急]惜別乗車記(2回目)(H28.1.31)
PHOTO:下吉田駅を発車する2000系[フジサン特急号] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/01/31 20:58
富士急行・[富士山ビュー特急]乗車記【後編】(H28.4.26)
                  PHOTO:河口湖駅で停車中の[富士山ビュー特急] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/04/27 20:30
快速[富士山]乗車記(H28.7.1)〜運転初日〜
                 PHOTO:河口湖駅に到着した快速[富士山](189系M51編成) ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/07/01 20:56
富士急行・6000系マッターホルン号乗車記(H28.10.28)
               PHOTO:大月駅に進入する6000系・マッターホルン号 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/10/27 21:23
平成29年・春の青春18キップ乗車記(富士急行・フジサン特急15周年記念(H29.3.4)
                PHOTO:富士山駅に到着する8000系・フジサン特急 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/03/04 07:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
PEAカラーの第2編成の引退の時は、大雪で乗れなかったし・・・イベントも取り止めに・・・(T_T)(その日乗車したのは、第1編成でした)
岩崎友裕
2016/01/09 18:13
もりです。
フジサン特急2000系も引退時期ですね。
JR時代は165系、車内はグリーン車で豪華でしたね。
富士急行は頑張っていますね。水戸岡さんのデザインですね。
ながでんも同さんのデザインりんご電車にしてほしいですね。要望はしましたが?
211系のボックスシートは長野に導入してから乗車したことはありません。
ロングシートです。
もり
2016/01/09 18:24
 岩崎友裕さん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。富士急のイベントって、結構、中止や延期となっているイメージがありまね。今回もイベントが中止になったりしていますね。

 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。ついに165・9系も消滅してしまいますね。残念ですが、これも時代の流れでしょうね。
 長野電鉄に水戸岡デザインの車両ですか…。小布施町もバスや建物に導入していますから、もしかすると…ですね。
TTI
2016/01/09 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成27年・冬の青春18キップ【富士急行2000系フジサン特急惜別乗車記】(H28.1.8) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる