TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士急行・2000系[フジサン特急]惜別乗車記(2回目)(H28.1.31)

<<   作成日時 : 2016/01/31 20:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 5 / コメント 6

画像

PHOTO:下吉田駅を発車する2000系[フジサン特急号]


 富士急行の2000系[フジサン特急]の終焉がいよいよ近づいてきてしまいました。
 私もプレスリリースが出た後、今月の8日に「惜別乗車」に行ってきたのですが、すでに「引退フィーバー」は始まっている感じで、[フジサン特急]の展望席に座るためには列に並ぶ必要があるような状況でした。
 ただ、前回乗車だけでお終い…とするには少し淋しいというか、物足りなかったことから、今回は乗車メインではなく、元気に活躍している2000系・フジサン特急の姿を写真に収めよう…ということで、再び、富士急行に行ってきました。




画像

@松本(608)→大月(759) 5052M 特急[あずさ2号] E257系11連【M-201+M-106編成】
 今回の乗り鉄は「松本駅」からスタートということで、松本駅までは自分の車で行き、駐車場に車を置いてから松本駅に向かいます。
 松本駅からは、朝1番の特急[あずさ2号]で大月駅に向かいます。本当は、この列車に接続する長野からの列車があると助かるのですが、長野から東京に向かうなら新幹線を利用しろ…ということなんでしょうね(ちなみに大月駅には長野駅を6時2分に発する新幹線で向かうよりも、この特急[あずさ2号]のほうが早く到着します。)。

 松本駅に到着したのが5時40分頃、列車はすでに松本駅の4番線に入線をしているのですが、客扱いが始まっておらず、ホームで待つにはあまりにも寒いので、向側の5番線に停車している5時57分の辰野行きの列車内で寒さをしのいでいると、5時50分頃になって客扱いが始まりました。

 しかし、この特急[あずさ2号]ですが、朝1番に東京方面に向かう特急列車ということもあるのでしょうか、停車駅が多すぎますねぇ…(塩尻、岡谷、下諏訪、上諏訪、茅野、富士見、小淵沢、長坂、韮崎、甲府、石和温泉、山梨市、塩山、大月)。これじゃ、ほとんど普通列車と変わらない感じでした。

画像

                    PHOTO:八ヶ岳を見ながら進んで行きます。





画像

A大月(813)→富士山(852)  [フジサン特急1号] 富士急行8000系3連
(←富士山@ クモロ8001+サロ8101+クモロ8051 B大月→)
 大月駅に到着しました。ここからはフジサン特急に乗車します。今日は混雑が予想されましたので、事前にインターネットで[フジサン特急1号]の予約を取っておいたのですが、引退をする2000系ではないこともあり、さほど混雑していなかったようで余裕で1人用の座席に座っていくことができました(運転席の後方は中国人旅行客で一杯でした。)。


画像

                       PHOTO:8000系1号車の前面展望




画像

                        PHOTO:8000系の1号車の車内




画像

               PHOTO:1号車には大型テーブルを備えたBOX席もあります。




画像

                     PHOTO:富士山を見ながら進んで行きます。






画像

B富士山(856)→大月(933) [フジサン特急2号] 富士急行2000系3連
(←大月B クモロ2201+モロ2101+クロ2001 @富士山→)
 富士山駅では乗換時間わずか4分で、今度は引退をする2000系[フジサン特急2号]に乗車します。こちらについても着席券の売り切れが予想されましたので、インターネットで予約をし、その際に「富士山駅では乗換時間が無いので、大月駅で発見してもらいたい。」旨のメッセージを入れておきましたので、てっきり大月駅で発見してもらえると思っていたのですが、大月駅では『そのような話は聞いていません。着席券は乗車駅でないと購入できません。』という、まさに役所的というか公務員的は回答をいただきました…(だったらメールでその旨の連絡をよこせ!と言いたかったのですが、発車時刻が迫っていましたので言いませんでしたが…。)。

 まあ、ここで文句を言っても仕方がありませんので、富士山駅での4分の乗り換え時間になんとか着席券を購入して、無事、2000系[フジサン特急]の最後の乗車をすることができました。

 富士山駅に到着した[フジサン特急2号]は、展望席が埋まっているだけで、ソファ席もリクライニングシート席もがらがらでゆったりと最後の乗車を楽しむことができました(気分は最低ですが…)。

画像

                        PHOTO:大月駅に到着したフジサン特急





画像

C大月(951)→下吉田(1031) 富士急行1200系2連
 大月駅ではフジサン特急の写真を撮影した後、走行写真を撮るため下吉田駅まで移動します。
 ここからは1200系2連の普通列車に乗車したのですが、時間帯が良いせいでしょうか大混雑でした。




◎下吉田駅にて
 下吉田駅ではブルートレインテラスでスハネフ14の撮影をしたのち、下吉田倶楽部で名物の「ハニートーストセット」をいただきます。そのハニートーストを食べている途中で[フジサン特急]同士の列車交換が行われるため、撮影を行いました。ただ、8000系を使用するはずの[フジサン特急4号]が6000系でやってきましたので、とうやら8000系については何やらトラブルがあったようです。

画像

                   PHOTO:ブルートレインテラスに置いてあるスハネフ14




画像

                     PHOTO:かつて富士急で使用されていた貨車




画像

               PHOTO:本当は[フジサン特急]同士の列車交換だったのですが…




画像

D下吉田(1142)→田野倉(1220) 富士急行1200系2連
 下吉田駅で撮影を行った後は、後続の普通列車で田野倉駅に向かいます。
 で、この後、田野倉駅で[フジサン特急6号]と[フジサン特急9号]の写真を撮るつもりだったのですが、田野倉駅の方に「ホームの端で写真を撮らせて欲しい。」旨を伝えたところ、ホームでの撮影はダメ…ということでしたので、仕方なく駅近くの場所で撮影をしました(結果的に、意外といい写真になっていると思います…。)。


画像

                 PHOTO:河口湖駅を目指して走る[フジサン特急9号]





画像

E田野倉(1333)→大月(1324) 富士急行6000系3連
 田野倉駅付近で[フジサン特急]の撮影を行った後、普通列車で大月駅に戻ります。ここからは水戸岡先生がプロデュースした6000系に乗車しました。
2両では混雑する普通列車も、さすがに3両編成ともなると十分に余裕が生まれ、おかげで座って戻ることができました。





画像

F大月(1333)→甲府(1408) 3007M 特急[かいじ107号] E257系9連【M−103編成】
 [フジサン特急]にも乗りましたし、写真にも収めましたので、ちょっと早いですがこれで帰路につくことにしました。
 大月駅からは特急[かいじ107号]に乗車して甲府駅に戻りました。





画像

G甲府(1431)→松本(1546)  67M 特急[あずさ17号] E257系9連【M−107編成】
 甲府駅で約20分ほど待った後、特急[あずさ17号]に乗車して松本駅に戻りました。
 この列車、指定席も自由席も結構混雑していました。


 前回(1/8)訪問した時に、あまり良い思いをせずに帰ってきましたので、ある意味、今回はそのリベンジも兼ねていたのですが、もっと嫌な思いして自宅に帰ってきました。
 本当は色々と富士急行に対する意見を書くつもりでしたが、まあ、私が何を書こうが関係ないでしょうからやめておくことにしました。
 富士急行、私鉄としては一流かもしれませんが、社風は…どうなんでしょうね。



画像

            PHOTO:今回いただいた乗車証明書(前回とデザインが異なります。)

【乗車日:平成28年 1月31日(土)】

◎過去の富士急行・フジサン特急の乗車記はこちらから!
 ・平成27年・冬の青春18キップ【富士急行2000系フジサン特急惜別乗車記】(H28.1.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201601/article_5.html
 ・富士急行・新型フジサン特急乗車記(H26.7.13)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201407/article_4.html
 ・[フジサン特急(PEAカラー)]惜別乗車記(H25.12.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201312/article_2.html
 ・惜別・富士急行[フジサン特急(PEAカラー)]乗車記(H25.12.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201312/article_3.html
 ・富士急行1000系・1200系乗車記(H25.1.31)〜目指せ!コンプリート!!〜…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_16.html
 ・富士急行1000系・1200系[エヴァンゲリヲン・カラー]乗車記(H24.12.4)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_1.html
 ・富士急行1000系(京王カラー)・1200系等乗車記【後編】(H24.11.2)の乗車記はこちら…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_2.html
 ・富士急行1000系(京王カラー)・1200系等乗車記【前編】(H24.11.2)の乗車記はこちら…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_1.html
 ・平成24年・春の青春18キップ乗車記【富士急行6000形乗車記(H24.3.4)】…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_260.html
 ・平成23年・夏の青春18キップ乗車記【115系スカ色と富士急行・後編】(H23.9.26)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_68.html
 ・平成23年・夏の青春18キップ乗車記【115系スカ色と富士急行・前編】(H23.9.26)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_67.html
 ・「富士登山電車」乗車記【前編】(H22.4.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_3.html
 ・「富士登山電車」乗車記【後編】(H22.4.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_4.html 
 ・平成21年・冬の青春18キップ乗車記VOL.4(富士急行・フジサン特急乗車記)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_184.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お知らせ・[フジサン特急]&[らくらくトレイン村上]
 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道観察・撮影記2
2016/02/03 20:09
富士急行・[富士山ビュー特急]乗車記【後編】(H28.4.26)
                  PHOTO:河口湖駅で停車中の[富士山ビュー特急] ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/04/27 20:30
快速[富士山]乗車記(H28.7.1)〜運転初日〜
                 PHOTO:河口湖駅に到着した快速[富士山](189系M51編成) ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/07/01 20:56
富士急行・6000系マッターホルン号乗車記(H28.10.28)
               PHOTO:大月駅に進入する6000系・マッターホルン号 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2016/10/27 21:23
平成29年・春の青春18キップ乗車記(富士急行・フジサン特急15周年記念(H29.3.4)
                PHOTO:富士山駅に到着する8000系・フジサン特急 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/03/04 07:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
富士急行2000系も引退の時期ですね。
展望席に乗車できなかったことが残念でしたね。
JR・富士急行はフリー乗車券でしたか?

私が4年前に富士急行イベントへ行った時週末フリー乗車券8500円(JR東の南部分・ながでん・富士急行)で乗車しました。
もり
2016/02/01 09:11
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 前回展望席に乗車していますし、あの狭くて固いシートよりふかふかのリクライニングシーのほうがお気に入りです。
 今回は「大人の休日倶楽部のフリーパス」を使用しました。
TTI 
2016/02/01 19:29
フジサン特急といえば2000系!というイメージだったので引退は悲しいです。
今度大井川鉄道に乗車などどうですか?
くすだま
2016/02/02 00:53
くすだまさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 大井川鉄道ですか…。乗車したのは、もう、4〜5年前になりますね…。
 今はトーマスで賑わっていそうなので、乗車はもう少し先になりそうですね。
TTI
2016/02/02 06:07
はじめまして
富士急沿線の地元民です

お気持ちよくわかります
素晴らしい路線とは思いますが
観光鉄道化が進んで地元民が使いづらいダイヤになったり.運賃など年々利用頻度が減っていますね

東京などへ出かけるときも大月まで家族の運転で送迎か.自分で運転して駅近くのコインパーキングに停めて行くことが増えました
ヒロ
2016/02/02 20:36
 ヒロさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 素晴らしい地域にお住まいなんですね〜うらやましい限りです。
 何度か富士急に足を運んでいるのですが、この路線は地域住民の足というより、観光客向けの鉄道路線になっていますね。
 本当はもっと地元に密着しないと、いざというときに地元の方にそっぽを向かれてしまうことが分からないのでしょうか…。
TTI
2016/02/02 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士急行・2000系[フジサン特急]惜別乗車記(2回目)(H28.1.31) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる