TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜別・485系【新潟車】快速列車乗車記(H28.3.4)

<<   作成日時 : 2017/03/01 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 かつて、電化されている区間であれば、全国津々浦々どこでもその姿を見ることができた「485系直流交流両用特急型電車」もその数を減らし、現在では定期運用を持っているのは新潟車両センターの485系3000番台車【R26・28編成】を使用する新潟⇔糸魚川間の快速列車(8621M・8622M)のみとなってしまいました。
 この列車、列車番号を見てわかるとおり、あくまでも「臨時列車」扱いとなっていますので、いつ、運用が無くなっても不思議ではない…ということで、昨年末に新潟→糸魚川間の乗車をしたところですが、今回、ついに3月のダイヤ改正をもって485系を使用する、この臨時快速列車の廃止が決定してしまいました。
 もう乗車するチャンスはないだろうな…と半ばあきらめていたのですが、青春18切符のシーズンにも入りましたので、今回が本当に最後…ということで糸魚川→新潟間の乗車をしてきました。



画像

★糸魚川(758)→新潟(1033) 8621M 快速 485系6連【R28編成】
 8621M快速列車に使用される車両は、昨日運転された8622M列車に使用された車両がそのまま使用されます。そのため編成は糸魚川駅の直江津方の側線に留置されており、7時30分過ぎから入換作業が開始され、糸魚川駅の2番線ホームには7時45分頃の入線となります。
 今日から3月、そして「青春18キップ」が使用開始となることもあり、平日ながら多くの鉄道ファンが8621M快速列車の撮影等を行っていました(乗客も普段よりも多いのではないかと思われます。)。

 糸魚川駅での停車時間を利用して、ひととおりの撮影を行った後、車内に入って発車の時を待ちます。8621M快速列車は定刻どおりに糸魚川駅を発車すると間もなく、デッドセクション区間に入るため車内の電灯が一時的に消滅をします。この「儀式」も旧型の電車のみの儀式ですので、この8621M快速列車が廃止となるとこのようなシーンをこの区間で見ることができなくなりますので、非常に貴重なシーンでもあります。
 8621M快速列車は、デッドセクション区間を抜けるとトンネルをいくつかくぐり、最初の停車駅となる能生駅に到着します。ちょうど通勤時間帯には良いせいでしょうか、結構多くの乗客が乗り込んできますが、さすがに6両編成ということで車内は空席の方がはるかに目立つ状態です。その後、8621M快速列車は名立駅に停車した後、交通の要所でもある直江津駅に到着します。


画像

PHOTO:485系R編成の車内





画像

                  PHOTO:この行先表示もあと2日のみとなりました。





画像

             PHOTO:糸魚川駅を発車すると間もなくデッドセクションに入ります。





画像

            PHOTO:日本海を見ながらえちごトキめき鉄道・ひすいラインを進みます。



 直江津駅では短い停車時間の間に乗務員交代が行われ。ここからはえちごトキめき鉄道からJR東日本の管内へと入っていきます。
 この列車、糸魚川駅からの乗客はさほど多くはないのですが、直江津駅からは多くの乗客が乗り込んできて、車内も(平日ながら)結構な賑わいとなり発車していきます。 
 私、現在は長野の自宅に住んでいますが、仕事の関係で一時期は長岡市内に単身赴任をしていたこともあり、週末、自宅に戻るときなどには快速[くびき野]良く利用していましたし、仕事の関係で新潟方面へ向かう足と言えば、485系を使用する快速[くびき野]、特急[北越]、[雷鳥]が、北陸新幹線・金沢延伸開業前までは主流でしたので、こうやって485系のシートに身を委ね、日本海を見ているとその時々の色々なことが思い出され懐かしさとある種の淋しさで胸が一杯となります。
 そんなことを考えつつ、車窓に広がる景色を見ながら乗車をしていると、8621M快速列車は犀潟、柿崎
と停車をしたのち柏崎駅に到着します。


画像

           PHOTO:485系に乗って、この名撮影地を通過するのも今日が最後!




 柏崎駅からも多くの乗客が乗り込み、一段と賑やかさを増した8621M快速列車は、ここまで走ってきた日本海
を離れ山間部へと入っていきます。ここから長岡駅までの間は新潟県でも有数の天気の良くないエリアなのですが、今日は485系のラスト・ランを見送るがごとくどこまでも青空が広がっています。
 8621M快速列車は来迎時・宮内と停車をしたのち、左手に南長岡貨物駅、右手に長岡車両センターを見ながら新潟県第2の都市・長岡に到着します。

 
画像

             PHOTO:中越地方は雪が多いエリアなのですが、今年は少ない感じです。




画像

                PHOTO:長岡の単身赴任時代、よく撮影をした南長岡駅



 長岡駅では多くの乗客が降りましたが、降りた人と同じくらいの乗客が乗り込んできて、改めてこの列車が
都市間乗車をする人が多い列車だと再認識できます。また、長岡発車後も停まる駅では多くの人が降り、そして多くの人が乗ってくる…ということを繰り返し名から、8621M快速列車は終着の新潟駅を目指して進んで行きます。
 気動車の車両基地のある新津駅を発車すると、終着の新潟駅まではあとわずかとなります。今まで、この485系に乗車して各地に「乗り鉄」に出かけましたが、いよいよその485系への乗車もあとわずかになってしまいました。ジョイフルトレインとなった485系も多いので、これが完全に最後…というわけではありませんが、乗車券
だけで気軽に乗車するすることはできなくなることは間違いなさそうです。
 10時37分、約4分ほど定刻より遅れて新潟駅の9番線ホームに8621M快速列車は到着し、ついに485系
への最後の乗車が終了しました(越後線信号機故障による影響を受けての遅延)。


画像

              PHOTO:新津駅に並ぶ気動車群を見ながらラストスパートをします。




画像

                  PHOTO:新潟駅9番線に到着した8621M快速列車




 ついに485系交直流特急型車両を使用する定期列車が終了となってしまいました。北陸新幹線・金沢延伸開業からわずか2年で8621M・8622M快速列車は廃止となってしまいました。
 JR側の算段とすれば、北陸新幹線が金沢まで延伸稼業したとしても、金沢⇔新潟間の利用客はいるはずだから糸魚川と新潟間を結ぶ優等列車を残しておけば、ある一定の利用は見込める…ということだったと思うのですが、実際に乗ってみると糸魚川から新潟まで乗り通す乗客はわずかで、利用客の多くは直江津⇔長岡間と長岡⇔新潟間という区間乗車が多かったのではないかと思われます。
 ということを考えると、この8621M・8622M快速列車が廃止となるのは致し方ないのかな…という気はするのですが、「国鉄型車両」を愛する一人としては8621M・8622M廃止後、ダイヤ改正で誕生する土・休日のみ運転される直江津⇔長岡間の快速列車に、この485系を使用して欲しかった…ですね。
 ああ、ついにこれで485系を使用する定期列車が無くなってしまいました…。

【乗車日:平成29年 3月 1日(水)】

◎過去の485系【新潟車】快速列車等の乗車記はこちらから!
 ・485系3000番台車【新潟車】使用快速列車乗車記(H28.12.1)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201612/article_2.html
 ・惜別・特急[北越]、快速[くびき野]、[妙高]乗車記(H28.2.1)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201502/article_1.html
 ・快速[くびき野1号・4号]乗車記(H20.4.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_147.html
 ・485系・特急[いなほ][ほくえつ]乗車記(H20.4.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_10.html 

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
おっしゃるとおり485系は全国津々浦々で活躍していました。
印象に残るのは485系いなほ・東北・奥羽線特急で運行していました。
同系は老朽化と今の時世(バリアになっていません)には合いません。
寂しいですがやむを得ません。
でも、車内はリニュアルしたので画像で見ると活躍できるような感じがします。
糸魚川−新潟間乗車していかがでしたか?

話は変わりまして、この5日にながでんos10系・機関車撮影会、同系運転席・客席解放されます。行きますか?その後は解体されます。
os10系は復活運行も検討されましたが、経費等掛かりすぎるため断念しました。
もり
2017/03/03 09:29
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。485系も限界でしょうね。これ以上使用するとなると経費がかかりすぎると思われますので、この辺で引退がちょうど良いのではないかと思います。
 5日の長電ですが、時間があれば…と思っています。
TTI
2017/03/03 22:32
国鉄からJRへと長い期間ほぼ日本各地を走っていた485系の定期運転も終演…残念ですがこれも時の流れでしょうね…485系と言ってもリニューアル車なのでこのまま廃車はもったいない感じもしますが… 毎回書いてますが、しなの鉄道さんで第二の活躍の場って与えてもらえないのでしょうかね、イベント用として…
急行妙高1号
2017/03/05 18:17
TTI様 連投失礼します 思い出してググってみたのですが.1月中旬頃の信濃毎日の記事で、しなの鉄道がかって169系やjRから借りた189系で運行していた有料の快速列車復活の為に 中古の特急車両を探しているとの記事があったそうですが 車両の状態は判りませんが、この485系の3000番代編成…この新聞報道が事実ならちょうどいい感じもしますね
急行妙高1号
2017/03/06 08:30
 急行妙高1号さん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 しな鉄の導入車両が気になりますが、485系だとすぐ寿命が来てしまいそうですねぇ…。個人的には、余っているならE653系を持って来てほしいと思っているのですが、そうすると保守をどこでやるのか?という問題も出てくると思いますので、e351系かな?とも思っています。
TTI
2017/03/06 18:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
惜別・485系【新潟車】快速列車乗車記(H28.3.4) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる