TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS アルピコ交通・第10回上高地線ふるさと鉄道まつり(H29.3.20)

<<   作成日時 : 2017/03/20 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

           PHOTO:新村駅構内で開催された「第10回・上高地線ふるさと鉄道まつり」



 私が生まれ育った松本市を走るアルピコ交通(旧・松本電鉄)で、今年も「上高地線ふるさと鉄道まつり」が開催
される…という告知が同社のHPにありましたので2年ぶりに見学に行ってきました!
 松本までならば車で1時間ほどど距離ですが、ここのイベントには「上高地線電車に乗って行く…」ということが基本だと思っていますので、往復とも長野から電車に乗って久しぶりにアルピコ交通の乗車も楽しんできました。



画像

@長野(745)→松本(835)1004M 特急[WVしなの4号] 383系8連
 長野からは久しぶりにJR東海の383系を使用する特急[WVしなの4号]で松本に向かいます。久しぶりに383系に乗車しましたが、何度乗っても良い車両だなぁ…と感じます。ただ、JR発足から30年、ぼちぼち383系にも後継機の話が出てきても良さそうな感じもします。
 3連休の最終日、ということで混雑を予想していたのですが、時間帯が早かったこともあり松本駅まではゆったりと座っていくことができました。




画像

A松本(921)→大庭(927) アルピコ交通  11列車
B大庭(1016)→新村(1024) アルピコ交通 13列車
 松本駅到着後は一度駅を出て、駅前のアリオの1階にあるアルピコ交通のインフォメーションセンターに行き、本日使用するフリーキップを購入してから、再度駅に戻り、9時21分発の列車に乗車します、なお、このあとは、昔、住んでいた大庭駅でいったん下車してから新村駅に向かいました。


画像

       PHOTO:松本駅から乗車列車には「鉄道まつり」のヘッドマークが装着されていました。



★上高地線ふるさと鉄道まつり★
 会場の新村駅に到着しました。まあ、毎回、展示される車両にさほど違いはないのですが、古い車両も多く
長野電鉄のOSカーや電気機関車の例もありますので、記録できるうちにしっかりと記録しておきます。


画像

         PHOTO:古豪の電気機関車ED30は整備をされたようで、とても綺麗でした。




画像

                         PHOTO:保線用のモーターカー




画像

                   PHOTO:青ガエルもしっかりと保存されています。 




画像

           PHOTO:アルピコ交通はバス会社なので、しっかりバスも展示されています。



 現在の新村駅が使用されるまで使われていた新村駅は、現在の駅舎の横に保存されていましたが、老朽化により3月21日から解体されるということで、本日は最後に事務室内の展示も行われました。


画像

                         PHOTO:新村駅舎の全景




画像

                       PHOTO:ホーム側から駅舎を…




画像

            PHOTO:子供のころ、この窓口で何度かキップを購入した記憶があります。




画像

                      PHOTO:このキップ、欲しいですね…。



画像

C新村(1059)→新島々(1115) アルピコ交通 15列車
D新島々(1126)→松本(1155) アルピコ交通 20列車
 「上高地線ふるさと鉄道まつり」を見学した後は、せっかくフリーキップを購入しましたので、終点の新島々駅まで1往復乗車をしてきました。

 
画像
 
                   PHOTO:森口駅での列車交換は希少です。




画像

              PHOTO:山並みが迫ってくると終点の新島々駅は間もなくです。





画像

                          PHOTO:新島々の駅舎





画像

      PHOTO:新島々駅の道の反対側には使われなくなった島々駅舎が移転され保存ています。





画像

        PHOTO:なぎさトレインを見ないと思ったら、新島々駅の側線に置いてありました。




画像

E松本(1309)→一日市場(1324) 4233M
 松本駅に戻った後は、奥さんや家族と合流をするため奥さんの実家に向かい、今回の「乗り鉄」はこれで終了です。




 2年ぶりの「上高地線ふるさと鉄道まつり」を見学しました。
 一昨年は「枕木オーナー制度」の応募があって、私も1口(5,000円)協力したのですが、昨年も今年も行われていませんでしたので、どうやら1回限りの施策だったようですね…。こういうのは協力者の多い少ないにかかわらず、続けることに意味があると思うのですが、ちょっと残念な結果でした(ふるさと納税のように、松本から出て行った人を対象に、電柱オーナー制度を5万円ぐらいでやりませんかね…。オーナーになった人には電柱に好きな広告を出すことができて、一生涯アルピコ交通に無料で乗車できる…という特典を付ければ、何人かは協力者がいると思うのですが…。)。
 

画像

                PHOTO:本日使用した乗車券(子供用は300円なので記念に購入。)




画像

          PHOTO:電車で来場した人には「来場記念のポストカード」の配布がありました。

【見学日:平成29年 3月20日(月)】

◎過去の「上高地線ふるさと鉄道まつり」の見学記はこちらから!
 ・アルピコ交通・第8回上高地線ふるさと鉄道まつり(H27.3.21)…http://tomodachiya001.at.webry.info/201503/article_21.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
上高地線ふるさと鉄道まつり開催されたのですね。
知りませんでした。
旧新村駅舎が解体されるということで寂しいですがやむを得ません。保存は、しない方が良いです。(おっしゃるとおり老朽化・維持・耐震の絡み)
出身地を走る電車は印象深く懐かしく感じると思います。
小さいころから鉄道好きで、鉄道会社勤めも考えたと思います。
ファン・家族連れでにぎやかだと思います。

一方、しなの383系もデビューから20年経っていましてリニュアル・そろそろ新型車両導入の時期だと思います。ここ数年松本・上諏訪方面へは普通電車に乗車しています。特急はご無沙汰です。引退時期の情報と名古屋へ行くことありましたら乗車したいと思います。
もり
2017/03/21 09:34
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。旧新村駅舎はさすがに古く、耐震工事をしても保存は難しいのではないかと思いますので、解体はやむを得ないのではないかと思います。JR東海からは383系の後継車種についてはなにもプレスリリースされていませんので、もう少しの間は大丈夫ではないかと思います。
TTI
2017/03/23 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルピコ交通・第10回上高地線ふるさと鉄道まつり(H29.3.20) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる