TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 快速[摂田屋蔵開き号]乗車記(H29.4.15)

<<   作成日時 : 2017/04/15 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

           PHOTO:新潟色となった115系N3編成を使用する快速[摂田屋蔵開き号]



 新潟県の第2の都市である長岡市宮内地区に所在する「摂田屋」という地域は、昔から「醸造の街」として栄えた土地で、現在でも「日本酒」、「味噌」、「醤油」などの醸造が行われている会社などが立ち並ぶ街です。
 その中でも日本酒の老舗でもある「吉乃川(株)」の蔵開きに併せ、新潟⇔宮内間に臨時快速[摂田屋蔵開き号]が設定されましたので乗車をしてきました。




画像

@直江津(615)→新潟(831) 3361M 快速[おはよう信越] E653系1100番台車4連【H−203編成】
 今回乗車する快速[摂田屋蔵開き号]ですが、新潟駅を9時30分前に発車する列車…ということで、長野駅を
朝一番の列車に乗っても間に合わないことから、今回も直江津駅までは自分の車で向かい、直江津駅から快速[おはよう信越]で新潟駅に向かいます。

 直江津駅には5時45分位に到着しました。発車まで30分近くありましたので余裕をもって指定席券売機で、本日、使用するえちごツーデーパスや[おはよう信越]の指定席などを購入してからホームに降りていきます(直江津駅のこの時間帯は窓口が開いていませんし、指定席券売機は1台しかありませんので、意外と混雑をします。)
 直江津駅の5番線ホームには、すでに快速[おはよう信越]は入線しており、車内灯なども点いてはいるのですが、客扱いが開始されるのは6時過ぎから…ということで、しばし、ホームでドアが開くのを待ってから車内に入ります。その後、車内で写真の整理などをしているうちに発車時刻となり、快速[おはよう信越]は定刻に直江津駅を発車し、一路、新潟を目指して走っていきます。

 途中、柏崎到着前までは記憶があるのですが、その後は朝が早かったこともあり、うとうとしているうちに列車は加茂駅を発車していました。
 まあ、いつも乗車して思うのは、長岡駅の停車時間と新津駅での停車時間を削って、もう少し新潟駅に早く着いた方が利便性が高いのでは?と思うのですが、今回だけはこのダイヤのおかげでゆっくりと寝ていくことができましたし、新津駅では、なんと、快速[SLばんえつ物語号]の回送列車の撮影まで行うことができましたので、まあ、長時間停車も悪くないかも…(まあ、都合のいい考え方で…ということですね。)。


画像

                     PHOTO:E653系1100番台車の車内




画像

            PHOTO:日本海を見ることができる場所までは起きていたのですが…




画像

           PHOTO:新津駅の長い停車時間を使って、こんな写真の撮影もできました。






画像

A新潟(909)→宮内(1033) 快速[摂田屋蔵開き号] 115系3連【N3編成】
(←宮内@ クハ115-1044+モハ114-1061+クモハ115-1044 B新潟→)
 快速[摂田屋蔵開き号]は9時5分頃、新潟駅の白山方面の留置線から新潟駅の1番線ホームへと入ってきます。
  私、当然のことなが沼垂の車両センターから回送されてくると思っていたため、残念ながら入線シーンの撮影に失敗してしまい、結局、発車時刻すれすれの入線でもあったことから、何も写真を撮れずにそのまま車内へと入ります。

 今朝、自分の指定席券を券売機から発券したところ、進行方向右側の座席だったこともあり、「さほど混んでいないだろう…」と思っていたのですが意外や意外、ほぼ、ボックス席は埋まる盛況ぶりでした。私のボックス席にも酒缶を片手の年配客が来ましたので、アルコールの臭いに囲まれるのはご勘弁…というとで、早々にロングシートに退散をし、この場所に座って宮内に向かうことにしました(今までの例だと、ボックス席以外のロングシートは指定席として販売をしていないと読みました。また、どうやら、本日の指定席券は全て販売済みだったようです。)。


画像

            PHOTO:新潟駅の電光表示板にはしっかりと列車名が入っていました。




画像

              PHOTO:全車指定席のため「指定席」の表示もされていました。




画像

               PHOTO:行先表示には「臨時」の表示が出されていました。 



 今回乗車する快速[摂田屋蔵開き号]ですが、昨年も運転され、その際は485系NO.DO.KAが使用されまし
たが、今年は2月に新潟色に塗色変更された115系N3編成が使用されます。そのため、新潟駅では大勢の鉄道ファンや乗客の人が撮影を行っていましたので、撮影をすることができなかったのですが、この編成、普段は普通列車として使用されているわけですから、新潟の方にとってはさほど珍しいわけではないと思うのですが…(新津駅でも大勢の鉄道ファンが出迎えてくれましたが、たぶん、[SLばんえつ物語号]がお目当てなんでしょうね…)。

 新潟駅を発車した快速[摂田屋蔵開き号]は、快速列車ということもあり亀田、新津と小まめに停車をしながら宮内を目指して進んで行きます。
 新津駅ては約5分ほどの停車時間がありましたので、新潟駅で撮影できなかった列車先頭部の撮影や行先表示などの撮影を急ぎ行い再び車内の人となります。その後、快速[摂田屋蔵開き号]は磐越西線を左手に見ながらと信越線を南下していきます。

 新津駅を発車すると車内では、摂田屋にある蔵元・吉乃川さんによるパンフレット(というか雑誌ですね。)の配布と「極上吉乃川」の試飲が行われ、一気に車内の宴会ムードが高まりました(この振る舞い酒は、長岡駅到着寸前まで続きました。)。


画像

               PHOTO:車内では「極上吉乃川」の試飲が行われました。




画像

           PHOTO:宮内駅ではなく長岡駅でJR社員さんの出迎えが行われました。


 その後、快速[摂田屋蔵開き号]は矢代田、加茂、東三条、三条、見附、長岡と小まめに停車をしながら進んで
行きます。新潟駅で列車に乗り込んできた人の多くが、アルコール飲料を持っており、車内でも「極上吉乃川」の試飲が行われるなど、車内は大騒ぎになるのでは…と思っていたのですが、さすがに新潟の人はお酒を上手に飲みますね〜。
 全然、騒ぐ人もなく、静かに友と語り合い、笑いあいながらもきっちりと大人としてのルールを守っている乗客たちに関心をするうちに、快速[摂田屋蔵開き号]は、醸造の街・宮内に到着しました。


画像

                 PHOTO:宮内駅に到着した快速[摂田屋蔵開き号]



★宮内の街をうろうろと…
 宮内駅に到着しました。帰りの列車まで少々時間がありますので、「摂田屋」の街の散策に出かけます。まあ、乗ってきた列車の趣旨からすれば、これから造り酒屋の「吉乃川」さんを訪れて蔵の見学をさせていただき、その後は、樽酒の振る舞いをいただく…ということになるのでしょうが、私は全くアルコールを飲みませんし、何よりも宮内の街は「勝手知ったる街」ですので(4年前に1年ほど住んでいました。)、乗客の皆さんと別れて、まずは「秘密のケンミンSHOW」で紹介をされた老舗のパン屋さんの「旭屋さん」に向かいます。この「旭屋さん」で有名なのは「煮たまごパン」なのですが、私はそれよりも目の前でジャムやクリームを塗ってくれるコッペパンがが好きなので、帰りの車内で食べる分とお土産用に2本購入しました。
 その後は、何といっても宮内に来たら絶対に食べなくてはいけない「青島食堂さん」の生姜醤油ラーメンですね。今回は宮内駅前の本店でチャーシュー麺+ネギ増しをいただきました。


画像

                     PHOTO:ここのアンバタが大好きです!




画像

                       PHOTO:宮内駅前の青島食堂




画像

                  PHOTO:これが長岡生姜醤油系ラーメンです、。






画像

B宮内(1143)→長岡(1148) 1731M E129系4連
 宮内の街をぶらぶらした後は、一度、普通列車で長岡に戻ります。






画像

C長岡(1254)→直江津(1402) 9354M 快速[高田お花見号] E653系1000番台車7連【U−107編成】
 当初、宮内駅からは普通列車で直江津に戻る予定だったのですが、時刻表を見ていたところ臨時快速の[高田お花見号]が走っていることが分かりましたので、この列車に乗車して直江津に戻りました(快速[高田お花見号]の乗車については、別の乗車記としてアップします。)。



 まさか、蔵開きの臨時列車がこんなに混雑するとは…。お酒の魅力が強いのか?それても新潟色の115系に
魅力があるのか…ちょっと疑問ではあったのですが、乗客の多くが宮内駅からガイドさんの案内で蔵元見学などに行きましたので、やはりお酒の魅力が強いんでしょうね。私はアルコールを飲みませんので、蔵元見学には行きませんでしたが、久しぶりに、昔住んでいた街を散策することができて満足の「乗り鉄」でした。


画像

                       PHOTO:本日使用した指定席券

【乗車日:平成29年 4月17日(土)】

◎過去の新潟色115系への乗車記はこちらから!
 ・[懐かしの新潟色・新潟ぐるっと周遊号]乗車記(H29.1.21) …http://tomodachiya0221.at.webry.info/201701/article_2.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
よく鉄道情報得て尊敬します。
115系トキ色かっこいいですね。
宮内の町並みもいいですね。
もり
2017/04/17 09:21
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。JR東日本各支社のHPを見ませんか?色々と情報が乗っていますよ。
TTI
2017/04/17 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
快速[摂田屋蔵開き号]乗車記(H29.4.15) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる