TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS アルピコ交通・モハ10形リバイバル塗装記念列車乗車記(H29.6.3)

<<   作成日時 : 2017/06/03 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

画像

                PHOTO:奈良井川鉄橋を渡るモハ10形リバイバル塗装列車


 長野県の松本市に本社を置くアルピコ交通では、7月1日から開催される「信州デスティネーションキャンペーン」の開催に併せ、同社が所有している3000形電車の1編成に、昔懐かしい「モハ10形リバイバル塗装」を施したラッピング車両を6月3日(土)から運転を開始する…という発表を行いました。
 松本生まれの松本育ちの私にとっては、小さなころから目にしていた、乗っていたオレンジ色☓グレイ色の電車が復活する…ということですので、他の予定を全部キャンセルして乗車に出かけてきました。




画像

@新村(935)→新島々(962) 11列車
 当初は新村駅を8時55分に発車する列車で新島々駅に向かうつもりでしたが、新村駅に到着したところ、既に新島々駅に送込回送を行ったと思っていた「モハ10形リバイバル塗装」の車両が車庫内に入っており、近くにいた鉄道ファンの方に訪ねたところ『もうすぐ出てくるようですよ…』ということなので、新村駅からの出庫シーンを
撮ってから新島々駅に向いました。


画像

          PHOTO:新村駅の車庫内に停車中の「モハ10形リバイバル塗装記念列車」





画像

                  PHOTO:ファーストランに向けて出庫していきます。




画像

          PHOTO:新村駅で停車中の「モハ10形リバイバル塗装記念列車」の回送列車


★新島々駅での出発式
 新島々駅では「モハ10形リバイバル塗装記念列車」の出発式が行われる…ということなので、撮影を行っていたのですが、社長さんのあいさつや運転士さんに対する花束贈呈のシーンなどは撮影ができたのですが、テープカットについては報道関係者のみということで、残念ながらそのシーンだけは撮影ができませんでした(ホームが狭いので致し方ないところです。)。

画像

               PHOTO:新島々駅の狭いホームでセレモニーが行われました。




画像

                       PHOTO:アルクマも来ていました。




画像

A新島々(1053)→松本(1122) 18列車 モハ10形リバイバル塗装記念列車
 出発式も順調に進み、いよいよ[モハ10形リバイバル塗装記念列車]の発車時間が迫ってきました。車内は上高地帰りの乗客と[モハ10形リバイバル塗装記念列車]の1番列車に乗車する人でだいぶ混雑をしましたが、まあ、なんとか座っていくことがてきました。

 ホームに発車の電子ベルが鳴り響き、少し長めの汽笛の後、[モハ10形リバイバル塗装記念列車]は多くの人に見送られながら新島々駅を発車します。 発車すると間もなく車内では「モハ10形リバイバル塗装記念列車」の運転記念の乗車証明書と観光案内電車の乗車証明書の2枚が配布され、記念列車の出発の旅立ちを飾りました。

 記念の1番列車といえども、あくまでも列車は定期列車ですので、各駅に停車をしながら松本駅に進んで行きます。ただ、普段と大きく違うのは沿線や各駅でカメラを構えた人が多い…ということでしょうか…。
 その後も[モハ10形リバイバル塗装記念列車]は、ガタンゴトンと車体を左右に揺らしながらゆったりとした速度で進み、定刻どおり松本駅に到着し、無事、ファーストランは終了しました。


画像

               PHOTO:新島々駅ではオリジナル塗装の列車との並びも…





画像

B松本(1122)→新村(1142) 17列車 観光案内電車
 松本駅からは折り返しとなる、「モハ10形リバイバル塗装列車」を使用する「観光案内電車」で新村駅に戻ります。
 過去、何度となくこの「観光案内電車」には乗車しているのですが、今日は初めて女性アテンダントさんによる観光案内でした。
 新村駅到着後は、新村駅付近と奈良井川鉄橋でモハ10形リバイバル塗装列車の撮影を行ってから長野に戻りました(新村駅まではバイクで往復しました。)。


画像

             PHOTO:後方の車両では観光案内+バイオリンの演奏が行われました。




画像

           PHOTO:新村駅で「なぎさTRAIN」と交換するモハ10形リバイバル塗装列車


 この塗色のモハ10形が走っていたのが、昭和33年〜61年ころまで…ということなので、実際に記憶があるのは40代以上の方ではないかと思います。私は小さいころから学生時代にかけて乗っていた電車ですので、とても思い入れの強い塗色ですが、若い鉄道ファンの方にとっては「懐かしい」ではなく「新鮮」なのかもしれませんね。
 今回、この「モハ10形リバイバル塗装列車」の登場により、アルピコ交通には「なぎさTRAIN」と2種類のラッピング車両が走ることになりましたので、また、一層魅力が増したのではないかと思います。

【乗車日:平成29年 6月 3日(土)】

◎過去のアルピコ交通の乗車記等はこちらから!
 ・アルピコ交通・第10回上高地線ふるさと鉄道まつり(H29.3.20)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201703/article_6.html
 ・アルピコ交通・観光案内電車乗車記(H28.8.16)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201608/article_6.html
 ・アルピコ交通・夏の[観光案内電車]乗車記(H28.8.16)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201508/article_8.html
 ・アルピコ交通・上高地線[観光案内電車]乗車記(H27.4.25) …http://tomodachiya0221.at.webry.info/201504/article_8.html
 ・アルピコ交通・第8回上高地線ふるさと鉄道まつり(H27.3.21)…http://tomodachiya001.at.webry.info/201503/article_21.html
 ・アルピコ交通・上高地線[臨時快速列車]乗車記(H26.12.6)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201412/article_1.html
 ・アルピコ交通・上高地線[観光案内列車]乗車記(H25.9.22)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201309/article_2.html
 ・アルピコ交通(旧松本電鉄)上高地線乗車記(H25.1.30)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_15.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アルピコ交通・[観光案内電車]乗車記(H29.9.17)
 平成25年9月から運転がスタートしたアルピコ交通の[観光案内電車]も今年で4年目に入りました。  運転当初は週末を中心に1日1往復でしたが、現在では週末を中心に松本→新島々間に3本の設定となり、より多くのお客さまがアルピコ交通・上高地沿線の観光地や名所を知る機会が増えてきており、観光客の誘致にも一役買っているようです。  私も自分が生まれ育った土地を走る列車…ということもあり、1年に何回かは訪問をしているところでが、今回は新村車両所で撮影会が行われる…ということなので、新村駅までの短... ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/09/17 17:33
アルピコ交通・「モハ10形リバイバルカラー編成」車両撮影会参加記(H29.9.17)
         PHOTO:新村車両所の車庫に並ぶアルピコカラー編成とリバイバルカラー編成 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/09/17 18:50
アルピコ交通・観光案内電車乗車記(H29.10.22)
 所用があり車で松本まで来ました。「松本」は私が生まれ育った街…ということで、機会があるたびに訪れては「アルピコ交通」にも乗車しているところですが、今回も時間に余裕がありましたので松本→新村間だけですが「観光案内電車」に乗車をしてきました。 ...続きを見る
TOMODACHIYA鉄道乗車記V
2017/10/22 19:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
本日の新聞記事で[モハ10形リバイバル塗装記念列車]知りました。
貴殿は松本出身で印象深いと思います。当時同形はオリジナル車両でしたか?
私にとっては、今のアルピコカラーを機に上高地線に関心もちました。
機会がありましたら乗車したいです。
沿線には撮り鉄いましたか?

ところで長野からは往復バイクで高速又は国道19号で?
お疲れ様でした。
もり
2017/06/04 16:52
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。私は6歳から33歳ころまでは松本市に住んでいましたので、モハ10形が走っていた当時のことも、(上高地線に)国鉄が乗り入れをしていたことも覚えていますので、このカラーには非常に思い入れがあります。沿線には多くの鉄道ファンが撮影に訪れていましたよ。
 ちなみにバイクは125ccですので国道で往復でした。
TTI 
2017/06/04 19:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルピコ交通・モハ10形リバイバル塗装記念列車乗車記(H29.6.3) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる