TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 東武鉄道・新型特急[リバティ号]乗車記(H29.6.28)

<<   作成日時 : 2017/06/30 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

                   PHOTO:東武鉄道の新型特急・500系リバティ


 最近、長野県内の鉄道会社から相次いでリバイバル塗色の列車が登場したことから、必然的に「乗り鉄」も県内が中心となっていたところですが、本日は久しぶりに足を伸ばし「秋田新幹線」と「山形新幹線」に乗車をしてきました。
 そのまま長野に戻っても良いのですが、以前から「早く乗りたい…」と思っていた、東武鉄道の新型特急電車の時間とタイミングが合いましたので、ちょっと遅めのレポートになってしまいましたが[リバティ]の乗り心地を確かめてきました。



画像

★浅草(2030)→大宮(2128)  特急[アーバンパークライナー1号] 500系6連
 東武鉄道を代表する特急列車といえば、100形スペーシアを使用する特急[けごん]であり特急[きぬ]が有名なところですが、そちらの列車に乗ってしまうと家に帰れなくなってしまうため、今回は[リバティ]導入時に新設された特急[アーバンパークライナー]に乗車します。この特急列車ですが、その名のとおり浅草駅から東武アーバンパークラインに直通する初めての定期特急列車ということだそうです。

 その特急[アーバンパークライナー1号]には、東武鉄道の最新鋭特急500系・リバティが使用されます。
 このリバティですが、東武鉄道が「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を兼ね備えた特急列車」として製造した車両です。東武鉄道と言えば100系・スペーシアが有名ですが、こちらが6両編成なのに対しリバティは3両が基本単位となっており、分割・併合が可能な貫通型構造となっています。

 今回乗車する特急[アーバンパークライナー1号]の指定席券については、事前にインターネットで予約をしておいたので座れることは間違いないのですが、なぜか下車駅が「せんげん台駅」までしか指定することができず、どうして終着駅の大宮駅まで指定できないのか不思議に思っていたのですが、東武鉄道の浅草駅窓口で確認したところ『特急列車として指定席を販売するのは「せんげん台駅」までで、それ以降は一般のお客さまも乗れるようにしてある…。』とのことでした(考えてみれば浅草駅からわざわざ大回りして大宮まで乗りとおす乗客もそんなにはいないと思います。)。

 列車は20時10分を過ぎた頃になり東武浅草駅の3番線ホームに入ってきますが、到着後、車内清掃が行われるため、実際に車内に入ることができたのは20時20分を過ぎてからでした。
 車内に入るとそこには色鮮やかなブルーのシートが横2−2列のアプレスト配置で並び、いかにも都会的な車両だなぁ…というのが私の第一印象です。座席のシートピッチは1,000mmということで、特急としては標準的な配置となっています(フットレストが無いのがちょっと残念!)。100系スペーシアと比較すると重厚さや豪華さは無いものの、新世代の汎用型の特急車両なんだ…と考えれば素晴らしい車両だと思いました。

 特急[アーバンパークライナー1号]は、定刻となり浅草駅を発車して大宮駅を目指して発車します。車内を見渡すと乗客は2〜3割程度とあまり多くありません。まだ、帰宅時間帯なのでもう少し乗車率が良くても良いと思うのですが…。そうこう考えているうちに列車は東京スカイツリーを横目に見ながら進んで行きます。

 ところで、先ほどこの特急[アーバンパークライナー1号]の指定席券は「せんげん台駅」までということを聞いていたのですが、この「せんげん台駅」がとこなのかわからなかったのですが、実は北千住駅の次の停車駅だということがわかりました。始発駅の浅草からこのせんげん台駅までは30分未満ですので、冷静に考えると少し特急料金が高すぎるから乗客が少ないのでは…と思ってしまいました(せんげん台駅で降りる人もそんなには多くないですね…)。

 それを証明するかのようにが、せんげん台駅を過ぎると次々に乗客が乗ってきて車内は結構な乗車率になりましたので、もう少し特急料金を下げるか、それとも大宮駅まで完全な形の特急列車として料金設定を行った方が良いのでは…と思いました。浅草駅を発車した時点では非常に車内が静かでしたので落ち着いて乗車できるな…と思っていたのですが、せんげん台駅からは非常に騒々しい車内となり、ちょっと不機嫌な状態のまま大宮駅まで乗車しました(せんげん台駅から先は「快速列車」になる…というならわかるのですが、終着の大宮駅まで特急列車を名乗っている以上、乗客からは特急料金を取るべきでしょうね。)。


画像

         PHOTO:電光掲示板の緑色の表示が「リバティ」を使用した車両のようです。




画像

                      PHOTO:車体に描かれたリバティのロゴ




画像

                   PHOTO:車内はブルーのシートが並んでいます。




画像

                     PHOTO:硬めですが座り心地は良いです。




画像

                  PHOTO:行先表示はフルカラーでとても綺麗です。




画像

        PHOTO:デッキへ出る頭上にもフルカラー液晶の表示器が設置されています。




画像

                       PHOTO:先頭車同士の連結部




画像

                   PHOTO:春日部駅ではこんな電車にも遭遇


 実際にリバティに乗ってみると車両は静かで綺麗ですし、各席にコンセントが設備されており、また、車内にはフリーWi-Fiがあったりと特急車両として申し分が無いと思いました(まだ、新車の香りもします。)。JRもこの位の特急車両を導入して欲しいものです…とつくづく思ってしまいました。あとは運用上の問題をどうクリアするかですね。乗客に不公平感を抱かせないような運用に期待をします。

画像

                       PHOTO:本日使用した指定席券

【乗車日:平成29年 6月28日(水)】

◎過去の東武鉄道の乗車記はこちらから!
 ・東武鉄道・鉄道むすめスタンプラリー挑戦乗車記(H27.2.11)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201502/article_2.html
 ・253系1000番台車・特急[日光]乗車記(H23.7.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_56.html
 ・東武特急・東武直通特急乗車記(H22.1.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_249.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
新型特急リバティに乗車されたのですね。
通勤・通学用の特急の印象的ですね。
従来は日光・鬼怒川温泉への観光用特急のイメージでした。
観光・通勤の両立ですね。
もり
2017/07/01 09:15
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。これからの時代はこのような特急車両が多くなってくるんでしょうね。でも、個人的には100形・スペーシアのような重厚な車両が好きですね。
TTI
2017/07/01 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
東武鉄道・新型特急[リバティ号]乗車記(H29.6.28) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる