TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 流鉄・流山線乗車記(H29.7.22)

<<   作成日時 : 2017/07/23 05:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

                   PHOTO:最後の活躍を続ける流鉄・流馬編成


 今週の頭から仕事の関係で都内に来ています。今日は土曜日ですが研修の一環ということで「お台場に集合!という号令がかかりましたので、朝、少し早めに出発して関東の私鉄でここだけは外せない…と言われている「流鉄」に乗ってきました。



画像

@矢川(502)→立川(506) 455F E233系8000番台車6連【N13編成】
 今回の「乗り鉄」は研修施設の最寄り駅となる「矢川駅」からスタートです。矢川駅の立川方面始発列車で立川駅まで移動しました。





画像

A立川(510)→神田(607) 438T E233系10連【T21編成】
 立川駅からは中央線の普通列車で神田駅を目指します。5時早々の列車ということで「空いているだろう…」と思ったのが大間違い!どうして東京はこんなに人が多いのでしょうか…。結局、神田駅までずっと立ちっぱなしでした。普段、中央線は特快とか快速に乗っていますので、普通列車に乗ると時間がかかる…ということがよくわかりました。





画像

B神田(608)→上野(613) 502G E231系11連【537編成】
 神田駅からはタイミング良くホームに入って来た山手線の列車でで上野駅まで移動しました。





画像

C上野(622)→松戸(642) 671M 快速 E231系15【139+110編成】
 上野駅からは常磐線快速で松戸駅を目指します。
 私、列車種別が「快速」でしたので、てっきりE531系だと思っていたのですが、上野駅のホームに待っていたのは、現在、長野総合車両センターで改造工事を行っているエメラルドグリーン帯を配したE231系でした。





画像

D松戸(647)→馬橋(651) 501S 東京メトロ16000系10連 
松戸駅からは常磐線の各駅停車に乗り換えて、流鉄との乗換駅となる馬橋駅を目指します。
 しかし、こんなところで東京メトロの車両に乗るんですね…ちょっと驚きでした。





画像

E馬橋(700)→流山(711) 流鉄 5000形2連【流星編成】
 さて馬橋駅に到着しました。ここからは流鉄に乗り換えて流山駅まで1往復します。最初に馬橋駅の窓口で1日フリーキップを購入してから流鉄のホームへと入っていきます(ちなみに流鉄ではsuicaが使用できません。導入予定も無し…ということで、その潔さに感服しますね。)。

 さて、この流鉄・流山線ですが、千葉県松戸市の馬橋駅と千葉県流山市の流山駅を結ぶ、全長わずか5.7kmの鉄道路線です。
 使用されている車両は西武鉄道から譲渡された元新101系で、流鉄では5000形と改番され2両編成のワンマン車両として活躍しています。ちなみに5編成10両の車両が使用されていますが、各編成ごとに名前が付けられており、それらの名称は「流馬」「流星」「若葉」「あかぎ」「なの花」となっています(なお、このうち「流馬」編成については7月30日をもって引退となるようです。)。

 ホームに入るとちょうど列車が到着し、この列車が馬橋駅7時発の列車となるようです。使用されている車両はオレンジ色の「流星」でした。
 今日は朝から気温がぐんぐんと上昇しており「もしかした非冷房車?」と思っていたのですが、今や地方ローカル線の列車と言えども、いまや冷房化は必須であり、この流鉄の5000形も冷房車で、ほっと一安心しました。
 ワンマン運転のため、運転士さんが後部車両から先頭車に移ると間もなく列車は馬橋駅を発車し、約5.7kmのショートトリップが始まります。

 馬橋駅を発車すると、すぐ進行方向を左変え、常磐線を右手に見ながらビルとビルの谷間、家と家の間を進んで行きます。馬橋駅から2つ目の小金城趾駅は列車交換設備があり、この駅で来週末の運転をもって引退する「流馬号」と列車交換を行います。終着手前の平和台駅では高校生が降りたため、列車内は閑散となり、そのまま終着の駅の流山駅に到着しました。


画像

          PHOTO:一度、JRの改札を出て、連絡通路を渡って流鉄乗り場に向かいます。




画像

          PHOTO:こじんまりとした駅窓口でフリーキップを購入してからホームに入ります。




画像

                           PHOTO:5000形の車内




画像

                     PHOTO:常磐線と別れて進んで行きます。




画像

                     PHOTO:住宅街の間を走る流鉄・流山線




画像

               PHOTO:小金城趾駅には唯一、列車交換の設備があります。






画像

F流山(730)→馬橋(741) 流鉄 5000形2連【流馬編成】
 流山駅に到着後、一度改札を出て、流山駅を見渡せる踏切から駅構内の撮影を行う予定でいたのですが、なんと、撮影ポイントに到着するまでのわずか5分間の間に列車が発車してしまい、駅構内に車両が揃っている写真を撮影することができませんでした。

 その後は流山駅に戻り、駅に留置されている車両や、ちょうど到着した「流馬」編成の写真などを撮影した後、その到着した「流馬」編成で馬橋駅に戻りました。
 しかし、来週引退が決まっている「流馬」編成に乗れるとは、やはり私は「持っている。」んですね…。


画像

                          PHOTO:流山駅構内の様子




画像

             PHOTO:私鉄の駅としてはなかなか立派な駅ではないでしょうか?




画像

                    PHOTO:流山駅構内に留置中の「あかぎ」編成




画像

                     PHOTO:ホームに留置中の「なの花」編成




画像

                      PHOTO:流山駅に到着する「流馬」編成




画像

                  PHOTO:「流馬」編成に装着されていたヘッドマーク




画像

                       PHOTO:上記の反対側のヘッドマーク




画像

                          PHOTO:5001の運転席





画像

G馬橋(752)→我孫子(807) 715S 東京メトロ・16000系10連
 当初はこのまま次の目的地に…と考えていたのですが、ここでふっと『我孫子駅の有名な駅そば』のことを
思い出しましたので、ちょっと足を伸ばして我孫子駅に向かいました。


画像

                  PHOTO:我孫子駅ののホームにある弥生軒さん




画像

              PHOTO:名物の「から揚げ入りそば」、これで400円は安い! 
※ちなみに…から揚げは1個・140円(170グラム)で、2個まではお蕎麦に入るようです。ただ、他のお客さんを見ていると「から揚げ」だけを注文して食べている人も多かったです(から揚げだけでもどんぶりにそばつゆを入れてくれるようですね。)。




画像

H我孫子(824)→上野(859) 834H 快速 E231系15連 
 念願だった我孫子駅の弥生軒の名物のから揚げ入り蕎麦をいただきましたので、この後は常磐線の快速で上野駅に戻ります。





画像

I上野(906)→新橋(914) 1148M E531系15連
 上野駅では後続の品川行きの東京上野ラインで新橋駅へ向かいました。しかし、ここでE531系に乗車できるとは意外でしたね…。

 
 上野駅からわずか30分の場所に、こんな(流鉄・流山線)ローカル私鉄があるなんて知りませんでしたね…。なんか、タイムスリップしたかのような場所のような感じもしますし、自分が生まれ育った街に似ているような不思議な感覚に陥ることができる乗車でした。なんとなく、多くの鉄道ファンが「流鉄に行け…」という意味が分かったような感じもしました。

画像

                        PHOTO:本日使用した乗車券等

※この後は「ゆりかもめ+りんかい線乗車記」に続きます…

【乗車日:平成29年 7月22日(土)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
流鉄に乗車されたのですね。
仕事の関係で「ついでに乗り鉄はどきょうありますね。」
私にはできません。(出張等所用では)
以前には流鉄乗車されたことありますか?
私は流山駅近くの車両基地でイベントに行ったことあります。
都会の中でものどかな鉄道ですね。
おっしゃるとおりIC使えないのが残念ですね。
JR南武線はE233系ですね。いい車両ですね。
同常磐線は10月のダイヤ改正で品川乗り入れ(主に特急)が多くなりますね。
流鉄も同乗り入れで乗客多くなったと思います。1時はつくばエクスプレス開業で常磐線・流鉄乗客数減と聞きました。
我孫子駅構内そばは有名なんですね。知りませんでした。
私個人は朝食べるときはかけです。
そばと言えば長野のイメージです。
【その後のお台場へは間に合いましたか?】
もり
2017/07/23 09:21
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。仕事とはいえ、昨日は土曜日で仕事ではありませんので「乗り鉄」です。
 しかし、流鉄って上野からあんなに近いのに、ローカルムードが満点ですね。来週は「流馬」のさよなら運転が予定されているとのことですので、ご予定があればいかかでしょうか?
 ちなみに「我孫子駅の弥生軒」のことは、鉄道ファンの間では有名な話だそうです(私もつい最近まで知りませんでした。)。
TTI
2017/07/23 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
流鉄・流山線乗車記(H29.7.22) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる