TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 快速[ブルーオーシャン外房]乗車記(H29.7.22)

<<   作成日時 : 2017/07/23 20:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 
               PHOTO:蘇我駅に到着した快速[ブルーオーシャン外房]



 かつて、全国各地を走っていた「海水浴場へ向かう臨時列車」ですが、現在ではすっかりその姿を見ることが出来なくなってしまいました。
 私も小学生のころ、松本駅から大糸線を経由して新潟県の谷浜駅に向かう[さざなみビーチ](当時は単に[さざなみ]だったような気もします。)に乗って海水浴に行った記憶があります。
 そんな中、ここ房総エリアでは現在でも海水浴臨時列車・快速[ブルーオーシャン外房]が走っています。今日は仕事の関係でお台場に来ていましたので、長野に戻る際、ちょっと足を伸ばして乗車をしてきました(残念ながら時間の関係もあり、乗車は蘇我→大宮間のみです。)。



画像

@新木場(1551)→新浦安(1600) 1507Y E233系5000番台車10連【マリ519編成】


画像

A新浦安(1604)→蘇我(1630) 1531A 快速 209系500番台車10連【マリ34編成】
 新木場からは京葉線を乗り継いで蘇我駅に向かいました(ホームで待っていて、来た列車に乗ったところ蘇我行きではなく海浜幕張行きでしたので、快速退避の新浦安駅で乗り換えて向かいました。)。
 新浦安駅からは貴重な209系500番台車の快速に乗車することもできました。



画像

        PHOTO:京葉線は海を見ることができる区間があるので乗っていても楽しいですね。
           ※これって、「海なし県」に住んでいる人しか感じないのかもしれませんね…。







画像
 
B蘇我(1745)→大宮(1906) 快速[ブルーオーシャン外房] 185系6連【B6編成】
 快速[ブルーオーシャン外房]は蘇我駅の2番線ホームに到着します。停車時間がわずか1分しかありませんので、とりあえず車両前部のみ撮影をしてから列車に飛び乗ります。

 列車名は「オーシャン」ですが、車内を見渡しても海水浴帰り…という乗客は見当たらず、その反面、なぜか各車両のデッキには折りたたまれて袋に入った自転車で一杯…というサイクリング列車の様でした。快速[ブルーオーシャン外房]は京葉線を臨時快速らしく走り、二俣新町駅の手前で京葉線と別れ武蔵野線へと入り、一路、、大宮駅を目指して進んで行きます。

 快速[ブルーオーシャン外房]は、武蔵野線内に入ると西船橋、東松戸、新八柱、新松戸、南流山、南越谷、東川口、南浦和と小まめに停車をし、少しずつ乗客を降ろしながら進んで行きます。南浦和駅を発車し新幹線の高架下をくぐった先で進行方向をぐっと右に変えて、快速[ブルーオーシャン外房]は湘南新宿ラインへと合流をしていきます。
 その後、与野駅、さいたま新都心駅を見ながら進み、定刻の19時6分に大宮駅の番線ホームに到着しました。


画像

             PHOTO:蘇我駅の電光表示板にはしっかりと列車名が表示されました。




画像

           PHOTO:行先表示幕には列車の名称が無く、ただ「臨時」のみの表示でした。





画像

                PHOTO:二俣新町駅の手前から武蔵野線に入っていきます。





画像

          PHOTO:すっかり日が暮れた大宮駅に到着した快速[ブルーオーシャン外房]






画像

※本日乗車した新幹線の写真ではありません。
C大宮(1930)→長野(2043) 575E [はくたか575号] E7系12連
 大宮からは新幹線で一気に長野に戻りました(月曜日以来の帰宅ですね。)。


 正直なことを言わせてもらえるなら、もう少し、海水浴列車らしい演出が欲しかった…と言いたいところですが、まあ、このご時世に海水浴臨時列車を走らせていただいているだけでありがたい…と感謝すべきなんでしょうね。
 ただ、外房線内の停車駅が意外と少なく、蘇我駅の手前の停車駅がが御宿駅ということから、(御宿駅までたどり着けず)蘇我駅からの乗車となってしまったのがちょっと残念でした。


画像

                        PHOTO:本日使用した指定席券
               ※当初の予定では安房鴨川から乗車する予定だったのですが…

【乗車日:平成29年 7月22日(土)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
雨降っていますね。
京葉線は209系500番台運行しているのですね。
全てE233系だと思っていました。
快速[ブルーオーシャン外房]185系運行でしたね。
安房鴨川から取っていたのですね。(本来ならば同から乗車予定で、事情あったと思います。)
今は海水浴列車運行は見当たりませんね。かつては信越線(現北しなの線・トキ鉄線)に長野から谷浜まで運行していたのを憶えています。(115系かもめピーチライナー?)
もり
2017/07/24 21:50
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。武蔵野線・京葉線・総武緩行線に209系500番台車が残っていますが、どの線も希少車種となってきていますね。185・189系も大事ですが209系500番台車の記録も必要ですね。
TTI
2017/07/28 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
快速[ブルーオーシャン外房]乗車記(H29.7.22) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる