TOMODACHIYA鉄道乗車記V

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成29年・夏の青春18キップ乗車記@(ナイスホリデー木曽路と明智鉄道乗車)(H29.8.12)

<<   作成日時 : 2017/08/13 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

               PHOTO:塩尻駅に停車中の快速[ナイスホリデー木曽路]



 今日は午後半日だけ予定がぽっかりと空いてしまいました。
 早速「どこかに…」と考えたのですが、もともと「乗り鉄」の予定をしていたわけではなく、また、指定席券なども用意をしていませんでしたので、どうしようか…?と悩んだのですが、前々から「乗りたい!」と思っていた明知鉄道の乗車に行くことにしました。また、ちょうどタイミングが良いことに、塩尻駅からは快速[ナイスホリデー木曽路]にも乗車できることが分かりましたので、この列車に恵那駅まで乗車もしました。






画像

@長野(1112)→松本(1227) 2236M 快速 E127系2連【A4編成】
 今回の「乗り鉄」は、「快速[ナイスホリデー木曽路]に乗る。」ということも目的のため、私の「乗り鉄」としては異常に遅い出発ということで、長野駅を11時12分に発車する快速列車で松本駅を目指します。
 さすがにお盆期間中ということで、この列車も長野駅を発車する時点から大混雑でしたが、ちょっと早めに長野駅に行って並んでいたおかげで、楽々と座っていくことができました。
 松本駅到着後は、次の列車の乗り換えまで時間がありましたので、私の大好きな「駅そば」を食べに駅前のイイダヤ軒までいってきました。


画像

      PHOTO:イイダヤ軒のお蕎麦は美味しいですし、何といってもネギ入れ放題が魅力です。







画像

A松本(1304)→塩尻(1319) 3424M 313系3連【B152編成】
 昼食を取って松本駅に戻ります。ここからは飯田線に直通する普通列車で塩尻駅を目指します。松本駅に到着したのが12時55分頃だったのですが、ちょうど入線をしてきたばかり…ということで余裕で座っていくことができました。しかしJR東海の313系は良い車両ですねぇ〜。313系とJR東のE127系・211系を比べてしまうとなんともやるせない気持ちになってしまいます…。







画像

B塩尻(1418)→恵那(1601) 8828M 快速[ナイスホリデー木曽路]313系6連【B522+B506+B508編成】
 塩尻駅に到着しました。ここからは臨時快速の快速[ナイスホリデー木曽路]に乗車して、いっきに恵那駅を目指すことにします。
 塩尻駅には快速[ナイスホリデー木曽路]の発車時刻1時間前に到着しましたので、当然ながら列車はまだ入線していませんでしたので、しばらく駅ホームでこの原稿の下書きなどをして過ごしました。

 

画像

      PHOTO:塩尻駅の電光表示板は小さなものですが、しっかりと列車名が表示されていました。




 快速[ナイスホリデー木曽路]は塩尻駅の4番線ホームに、14時を過ぎた頃に木曽方面から回送されてきて入線をします。ホームに到着するとすぐさま客扱いを開始します(暑い中でしたので、非常に助かりました。)。
 ホームには列車を待つ乗客が沢山いるのですが、この区間を走る普通列車の大半は2両編成ということで、本来なら絶対に全員が乗りきらないところなんですが、この快速[ナイスホリデー木曽路]は、中津川から先の名古屋駅までの間は定期の快速列車として走りますので、塩尻→中津川間も中津川から先と同じく6両編成で走ります。従って、この区間を走る普通列車としては相当な収容能力を持つ列車ということで、難なくホームにいたすべての乗客を余裕で収容し発車の時を待ちます。



画像

               PHOTO:塩尻駅に回送されてきた快速[ナイスホリデー木曽路]





画像

                PHOTO:行先表示は「名古屋」、列車名を入れて欲しかった!




 快速[ナイスホリデー木曽路]は発車時刻となりましたが、長野方面からの普通列車が遅れているということで、その列車との接続を待って発車したため、塩尻駅を約4分ほど遅れて発車しました(長野発茅野行きの普通列車からの乗り換えだと時間的に厳しいですし、座れない可能性があります。)。
 中央西線を313系で乗車するのは珍しくないのですが、その313系を使用する快速列車で乗車する…という機会はあまりありませんので、なんとなく新鮮な感覚です。

 塩尻駅を発車した快速[ナイスホリデー木曽路]は次々と駅を通過しながら名古屋を目指して快走していきます。最初の停車駅は木曽平沢駅ですが、そこに到着するまでの区間には単線の区間がありますので、どこかで列車交換や退避をしながら進んで行くのだろう…と思っていたのですが、快速[ナイスホリデー木曽路]はどこにも停車することなく木曽平沢駅に到着しました。木曽平沢駅と次の停車駅の奈良井駅からは若干ながらですが乗客を増やして進んで行きます。



画像

                          PHOTO:木曽平沢駅停車中…




 奈良井駅を過ぎると沿線の風景はこれまでと一変し、まさに「木曽路は全て山の中」を走っていきます。その後、快速[ナイスホリデー木曽路]は藪原駅に停車した後、木曽の中心の街・木曽福島駅に到着します。
 この快速[ナイスホリデー木曽路]ですが、特別料金不要で名古屋まで乗り換え不要ということが浸透しているのでしょうか、結構人気が高いようで木曽福島駅からは多くの乗客が乗り込んできて、車内もここで、ほぼ全ての座席が埋まりことになりました(1人座りが多いので、乗車率が100%という意味ではありません。)。



画像

              PHOTO:木曽の山の中を木曽川の流れと共に進んで行きます。




 木曽福島駅を発車した快速[ナイスホリデー木曽路]は、依然としてその速度に衰えを見せることなく進んで行きます。次の上松駅を発車すると中央西線は単線区間が多くなることから、倉本駅で特急列車との交換待ちを行いながら進んで行きます。



画像

               PHOTO:倉本駅では特急列車との交換のため少々停車します。





画像

                  PHOTO:右手に木曽川を見ながら進んで行きます。




 次の南木曽駅は「馬籠宿」・「妻籠宿」の玄関口ということもあり、多くの乗客が乗り込んできます。それでも快速[ナイスホリデー木曽路]はこの区間としては長大編成となる6両の編成のため、立ち客を出すことなく進んで行きます。
 ここまで水量の少なかった木曽川もこの当たりにになるとダムにより水をせき止めている関係で湖のようになり、水面が太陽に反射して輝き綺麗でした。そんなダム湖を見ているうちに快速[ナイスホリデー木曽路]は中津川駅に到着しました。



画像

              PHOTO:ダム湖のようになった木曽川を見ながら進んで行きます。




 快速[ナイスホリデー木曽路]は、ここまでは臨時快速ですが、ここ中津川駅からは定期の快速列車となり名古屋駅を目指します。中津川駅からは多くの乗客が乗り込み車内はようやく「混雑」という状況になり、その後、美濃坂本に停車した後、明知鉄道との乗換駅である恵那駅に到着しました。
 
※文字数制限のため平成29年・夏の青春18キップ乗車記A(ナイスホリデー木曽路と明智鉄道乗車)(H29.8.12)に続きます。

【乗車日:平成29年 8月12日(土)】

◎過去の快速[ナイスホリデー木曽路]の乗車記はこちらから!
 ・快速[木曽路漆器まつり号]+[ナイスホリデー木曽路]+[北アルプスいろどり号]乗車記【前編】…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_155.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もりです。
お盆で帰省客が多かったと思います。
ナイスホリデー木曽路の乗客は多かったですか?
全席自由席ですか?
臨時・車両数が多かったのもあって落ち着いていたと思います。
313系は乗り心地よかったと思います。「おっしゃるとおりE127系・211系に比べて」
もり
2017/08/15 09:57
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。快速[ナイスホリデー木曽路]は全車自由席ですので、ちょっと早めに行って並べば座れますね。ただ、途中駅からの乗客も多いので、車内はワイワイガヤガヤとなりますが…。
TTI
2017/08/15 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成29年・夏の青春18キップ乗車記@(ナイスホリデー木曽路と明智鉄道乗車)(H29.8.12) TOMODACHIYA鉄道乗車記V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる