平成31年・春の青春18キップ乗車記[新線開業おおさか東線](H31.3.24)

画像

   PHOTO:3月16日にデビューした、新大阪駅から「おおさか東線」を抜けて奈良まで走る直通快速


 関西エリアのJR線の乗車については、昨年の秋にチャレンジし、すべて乗り潰したのですが、この3月16日のダイヤ改正をもって「おおさか東線」の新大阪駅⇔放出駅間が新たに開業しましたので、早速、乗車にチャレンジしてきました。



画像

※本日乗車した列車の写真ではありません。
①新守山(520)→名古屋(536) 3100M 313系6連
 アパートのある新守山駅からは中央線の始発列車で名古屋駅に向かいます。このの列車、相変わらず混雑しており座っていくことはできませんでした。




画像

②名古屋(540)→亀山(657) 4303M 313系2連
 名古屋駅からは関西本線の普通列車に乗り換えて亀山駅を目指します。この列車、普段の土・休日ならば座って行けるのですが、さすがに青春18キップ期間中ということもあり、11番線ホームに停車していた列車には既に多くの乗客が乗り込んでいました。結局、座っていけたのは桑名駅からでした(相席を嫌わなければ座っていくことはできます。)。




画像

③亀山(705)→柘植(731) 231D キハ120系2連
 亀山駅では加茂行きのディーゼルカーに乗り換えます。この列車、繁忙期には2両編成となりますので、よほどのことが無ければ座っていくことが出来るのですが、ロングーシート車ではそのありがたみも半減ですね。
 亀山駅を発車すると加太駅と柘植駅の途中までは登り勾配ということで、エンジンを唸らせながら進んで行きました。このまま、この列車乗って加茂駅乗換えで奈良駅からおおさか東線に…という選択肢も考えたのですが、おおさか東線の直通快速の時刻がうまく合いませんでしたので柘植駅で下車しました。

画像

        PHOTO:かつての中在家信号所の跡(ここを使えば列車本数が増やせるのですが…。)




画像

④柘植(742)→京都(902) 5335M 117系8連
 柘植駅からは草津線から東海道線に入る普通列車に乗車します。この列車、8両編成なので柘植駅を発車するときはガラガラなのですが、前回の乗車では途中駅からの乗客が多く、反対側の景色など見えないほどの混雑だったと記憶しています。
 今回はどうなのかな?と思っていたのですが、やはり、京都駅まで直通するというのが多きなメリットのようで大混雑でした。ただ、往年の新快速の車両で東海道線を乗車できたのは、良い体験でもあり嬉しい乗車でした(塗色はだいぶ変わってしまいましたが…)。

画像

                          PHOTO:117系の車内




画像

⑤京都(907)→新大阪(945) 739T 快速 221系+223系10連
 京都駅からは途中の高槻駅から快速となる列車で新大阪駅に向かいました。





画像

⑥新大阪(1017)→奈良(1111) 2102M 直通快速 321系7連
 新大阪駅からは、今回のダイヤ改正に伴って新線開通した「おおさか東線」に乗車します。この「おおさか東線」は、片町線の貨物支線である城東貨物線を改良して旅客営業を行う路線で、放出駅-久宝寺駅の南区間が2008年の3月に部分開業しており、今回、新大阪駅-放出駅区間が開通したことにより全線開業となりました。当初、新開通した新大阪駅-放出駅間を201系で乗車しようと思いましたが、新大阪駅-奈良駅間の直通快速が走る…ということがわかりましたので、時間を調整してこちらに乗車しました。

 列車は10時10分頃に大阪方から回送されてきて1番線ホームへと入線します。当初、そんなに人が集まらないだろうと思っていたのですが、発車時刻が近づくにつれて人が増えて来て、ほぼほぼシートが埋まる程度の乗車率となって新大阪駅を発車します。
 奈良行き・直通快速は新大阪駅を発車すると一気に高架へと駆け上がり、東海道線を跨ぐ形で進んで行きます。新線区間ということで非常に乗り心地が良く、ロングレールを使用しているせいでしょうか、ほとんどジョイント音を感じません。その後、鴫野駅からは学研都市線線としばらく並走し、新大阪駅から約10分で放出駅に到着しました。

 放出駅で2分ほど停車した後、奈良行き・直通快速は全線開通前のいわゆるおおさか東線・南区間を進み、途中、JR河内永和駅に停車した後、おおさか東線と大和路線の乗り継ぎ駅である久宝寺駅に到着します。
 久宝寺駅からは大和路線に入り、王子に停車した後、大路駅からは各駅に停車しながら奈良駅を目指します。ここまで乗車してきた「おおさか東線」の高架区間とは異なり、大和路線は昔ながらの線路ですのであきらかに乗り心地は良くありませんが、なんとなく「電車に乗っている!」という味はこちらの方に軍配があがります。そんな乗り心地と緑の多い景色を見ながら直通快速は終着の奈良駅に到着しました。

画像

        PHOTO:新大阪駅の1・2番線ホームが「おおさか東線」の発車ホームのようです。




画像

           PHOTO:1番線の電光表示板、優等列車の中に「直通快速」があります。




画像

              PHOTO:列車の行先表示にも「直通快速」も文字が入ります。




画像

             PHOTO:おおさか東線の普通列車には201系が使用されています。




画像

             PHOTO:東海道線を跨ぐ形で南に進行方向を変えて進んで行きます。




画像

                 PHOTO:新線区間は乗り心地だけでなく音も静かです。




画像

                     PHOTO:奈良駅に到着した直通快速




 奈良駅に到着しました。せっかく奈良まで来て何も見ないのも…と思い、興福寺の見学を兼ねながら奈良公園の鹿と遊んできました。また、帰りはJR奈良駅ではなく近鉄奈良駅へ向かい、近鉄奈良駅と大和西大寺駅の間の「乗り鉄」をしました。なお、こちらについては別記事としてブログにアップさせていただきます。

★興福寺見学
 奈良市内の散策は、高校生の修学旅行以来ですね…。少し散策をしながら鹿と遊んできました。


画像

                        PHOTO:興福寺の五重塔




画像

                         PHOTO:興福寺の中金堂





画像

⑦奈良(1240)→京都(1354) 638M 205系6連
 JR奈良駅に戻ってきました。ここからは再び「青春18キップ」の旅に戻ります。
 奈良駅からは[みやこ路快速]という選択肢もありましたが、やはり貴重な205系を使用する普通列車に乗って京都駅まで移動しました。途中、城陽駅で後続の103系を使用する普通列車に乗り換えたい…と思っていたのですが、この時間帯は221系が普通列車の運用に入っているようでしたので、そのまま京都まで乗車しました。




画像

⑧京都(1407)→米原(1519) 768T 225系4連+223系4連
 京都からは混雑する新快速を嫌って普通列車で米原駅に戻りました。


画像

           PHOTO:列車を待っていたところ、ハローキティ・はるかが到着しました。





画像

⑨米原(1530)→大垣(1605) 3226F 311系4連
 米原駅からは普通列車で大垣駅を目指します。京都から乗ってきた列車の乗客は、さほど多くなかったことで大垣行きの4両編成も空いていたのですが、長浜行きの新快速が到着すると一気に乗客が流れ込み、さながら通勤ラッシュ状態で米原駅を発車し、途中駅からの乗客も詰め込んで、ほぼ満員状態で大垣駅に到着しました。




画像

⑩大垣(1626)→名古屋(1659) 5118F 特別快速 311系8連
 大垣駅からは16時11分の特別快速に乗車できるのですが、混雑も大垣ダッシュも嫌でしたので1本後続の特別快速に乗車することにしました。この列車は大垣より西方面からの連絡列車が無いため、ゆったりと座って名古屋に戻りました。※ダイヤ改正後も311系の特別快速は健在のようです。




画像

※本日乗車した列車ではありません。
⑪名古屋(1701)→新守山(1717) 211系+313系10連
 名古屋からは通勤に使用している中央線の普通列車で新守山駅に戻り、今回の青春18キップの旅も無事に終了しました。


 今回は新たに開通した「おおさか東線」を乗車したわけですが、この路線が開通したことでどのくらいの利便性が向上するのか?ということは地元の方にしかわからないと思いますので、私としての評価は特にしませんが、最近、廃線となる路線が多くあることから、このような新線開業は「鉄道ファン」としては嬉しい限りですね。

【乗車日:平成31年 3月24日(日)】

◎過去の関西地区の乗車記はこちらから!
 ・平成30年・夏の青春18キップ乗車記[関西エリア乗り鉄①](H30.9.2)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201809/article_1.html
 ・平成30年・夏の青春18キップ乗車記[関西エリア乗り鉄③](H30.9.5)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201809/article_3.html
 ・平成30年・夏の青春18キップ乗車記[関西エリア乗り鉄③](H30.9.8)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201809/article_4.html
 ・関西エリア全線乗車記④【最終】(H30.9.22)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201809/article_6.html

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もり
2019年03月25日 09:44
おはようございます。もりです。
おおさか東線開業でファンの方が撮影・乗車していましたか?
新大阪‐奈良間一直線うんこうで、奈良の方は新幹線乗り換えが便利になりますね。
また、奈良‐大阪・京都は近鉄との競争路線ですね。
TTI
2019年03月25日 20:16
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。そんなに注目が集まっていないだろうな…と思っていたのですが、予想に反して人が多くてびっくりでした。
 もう少し直通列車が多いと利便性が高まると思うのですが、さすがに2往復では…と思ってしまいました。

この記事へのトラックバック