大井川鐡道・南アルプスあぷとライン乗車記・後編(H31.3.29)

※前編からの続きです。

画像

⑥井川(1233)→千頭(1421) 204列車
 井川駅では約20分滞在した後、先ほどまで乗車してきた列車で千頭駅に戻りました。帰りは編成最後部にある制御車に乗車してきました。


画像

                            PHOTO:井川駅舎




画像

              PHOTO:昔は井川駅よりも先に列車が走っていた形跡が残っています。




画像

                  PHOTO:帰りは制御車に乗ってきました(車内)。




画像

                        PHOTO:制御車にある運転台





画像

⑦千頭(1453)→新金谷(1609) 大井川鐡道 102列車 SL急行[かわね路号]
 C10 8 オハ35-435+スハフ42-186+オハ35-22+オハ35-149+オハフ33-469+オハ35-559+オハフ33-215 E10 1
 当初の予定では、千頭駅を14時35分に発車する普通列車で戻る予定としていたのですが、この列車にJR東海ツアーズの団体が乗車してきたため車内が大混雑となってしまいました。こんなに混雑するなら…ということで、急遽SL急行に乗車することにしました。
 千頭駅の窓口で指定席券を見てもらったところ、進行方向の窓側席が開いている…ということなので、急遽予定を変更してSL列車に乗車することにしました。
 本日の急行[かわね路号]の牽引機はC10 8号機、後部補機はE10 1号機のペアで旧客7両の牽引を行い、途中、川根温泉笹間渡駅と家山駅の2駅のみに停車しただけで新金谷駅に到着しました。


画像

                       PHOTO:乗車したオハ35の車内




画像

                PHOTO:千頭駅ではSLの先頭部が撮影できません…




画像

             PHOTO:後部には電機機関車が補機として連結されています。




画像

                           PHOTO:新金谷駅の構内



画像

⑧新金谷(1619)→金谷(1624) 大井川鐡道 86列車
 SL列車は新金谷駅までですので、金谷駅までは新金谷→金谷間のみ走る普通列車で金谷駅に戻りました。
 ここでも元南海のズームカーに乗ることが出来ました。




画像

⑨金谷(1632)→吉原(1750) 836M 211系3連+313系3連
 金谷駅からは沼津行きの普通列車で吉原駅に向かいました。

※この後は「岳南電車」に乗車しましたので、この模様については別ブログとしてアップします。



 大井川鐡道と聞くとSL列車、しかも今なら「きかんしゃトーマス」が有名なのですが、今回乗車した「南アルプスあぷとライン」ですが、めちゃくちゃ素晴らしい路線で、本当に楽しいというか感動する列車旅でした。
 天気の良い日に撮影に行きたいなぁ…。


画像

                PHOTO:本日使用した乗車券やいただいた鉄カードなど…

【乗車日:平成31年 3月29日(金)】

◎過去の大井川鐡道の乗車記はこちらから!
 ・大井川鐡道・SL[かわね路号]等乗車記(H24.11.11) …https://tomodachiya0221.at.webry.info/201211/article_3.html


↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

この記事へのコメント

もり
2019年04月02日 18:11
もりです。
アプト式は碓氷峠が印象的です。
SLにもご乗車されたのですね。
感動的だと思います。
TTI
2019年04月02日 19:28
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。まあ、乗車したのが平日ということもあるのですが、SLは団体客を除けばガラガラで各ボックスに1人~2人程度の混雑率でした。

この記事へのトラックバック